So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「WWE 2K18」 の宣伝をさせてください + 重要なこと [ゲーム関係]

このブログは最近 記事の更新はできていないですし

読みに来てくださる方があまりおられないみたいですし

その中でも 『WWE 2K18』 のゲームをプレイしておられる方がどのくらいなのかはわかりませんが

数日前に 『WWE 2K18』 のゲームで私が作ってみたレスラーを5人アップロードしてみたので

ここで宣伝させてください

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<一人目 「GREAT MUTA (DEVIL)」>

前作の 『WWE 2K17』 のほうで作ってみたグレート・ムタのデビルを

『WWE 2K18』 のほうでも作ってみました



ゲーム内のレスラーのクリエイト画面が暗いので わかりにくいかもしれませんが

画像をアップしてみます



まずは全身

01 「グレート・ムタ (デビル)」 1 全身.jpg


続いて 顔の正面から

01 「グレート・ムタ (デビル)」 2 顔 正面.jpg


スマホの機種変更した際に

以前のスマホで何時間もかけて一生懸命作った口の画像がなくなってしまったのか見つからなかったので

ムタのDVDの画像から口の部分のみを切り取って貼り付けました



ただ 以前に作ってみたグレート・ムタのデビルはムタの仮面 (?) の下にマスクを付けて

マスクの上に口の画像を貼り付けていたのですが

今作では仮面を付けるとマスクの着用ができない仕様らしく エラーが出てしまったので

今作の上記の画像では仮面の下から出てしまう素顔の部分全体に仮面と同じ色を付け

実際の口元の上にムタの口の画像を貼り付けました



続いては 顔の左側

01 「グレート・ムタ (デビル)」 3 顔 左.jpg


続いては 顔の右側

01 「グレート・ムタ (デビル)」 4 顔 右.jpg


上半身 正面

01 「グレート・ムタ (デビル)」 5 上半身 正面.jpg


上半身 背面

01 「グレート・ムタ (デビル)」 6 上半身 背面.jpg


前作でもそうだったのですが

DVDを見る限り身体のペイントがキチンとした左右対称ではなかったので

作る際にあえて左右対称ではないようにしてみました



下半身

01 「グレート・ムタ (デビル)」 7 下半身.jpg


下半身のコスチュームは前作とまったく同じ衣装を使いました



入場時の頭巾

01 「グレート・ムタ (デビル)」 8 入場時コスチューム 頭巾.jpg


前作ではフードに仮面を付けて入場させていたのですが

ムタと言えばこちらかなと思い 上記画像の頭巾をかぶらせてみました



余談ですが この頭巾



前作にもあったのですが 私が使用していなかっただけです



最後に別バージョンとして

ゲーム内の素材のみで新日本時代のペイントのムタを作ってみました

01 「グレート・ムタ (デビル)」 9 ゲーム内の素材のみで作ったペイント バージョン.jpg


紹介になるのかはわかりませんが

デビル・ムタの動画を作ってみたので気になる方や興味のある方はご覧ください



対戦相手はランダムで選ばれた選手で コンピュータ同士の対戦



ムタはムタの入場シーンを使いたかったので

ダウンロードさせていただいたバンピーロさんがセコンドに付いています



注意 音量を小さくしてご覧ください

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<二人目 「CIMAさん」>

CIMAさんも前作で作っていたのですが

何故か前作と同じ画像を顔に貼り付けると違和感が出てしまったので

パソコンのフリーの画像編集ソフトで少々編集して作ってみました



CIMAさんの全身

02 「CIMA」 1 全身.jpg


CIMAさんの顔

02 「CIMA」 2 顔 正面.jpg


CIMAさんの上半身

02 「CIMA」 3 上半身.jpg


CIMAさんの下半身

02 「CIMA」 4 下半身.jpg


CIMAさんの入場時コスチューム 兜

02 「CIMA」 5 入場時コスチューム 兜.jpg


CIMAさんは顔を少し編集した画像を貼り付けた以外は

前作とほぼ同じコスチュームになっていると思います



下記がCIMAさんの動画です



対戦相手に特に意味はありませんが マスクマンを選んでみました



気になる方や興味のある方はご覧ください



注意 音量を小さくしてご覧ください

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<三人目 「ドラゴン・キッドさん」>

キッドさんは前作ではダウンロードさせていただいたレスラーで試合をさせていたのですが

今作では自分で作ってみようと思い作ってみた次第です



キッドさんの全身

03 「ドラゴン・キッド」 1 全身.jpg


キッドさんのマスク 正面

03 「ドラゴン・キッド」 2 マスク 正面.jpg


キッドさんのマスク 左側

03 「ドラゴン・キッド」 3 マスク 左.jpg


キッドさんのマスク 右側

03 「ドラゴン・キッド」 4 マスク 右.jpg


キッドさんのマスク 後

03 「ドラゴン・キッド」 5 マスク 後.jpg


上半身

03 「ドラゴン・キッド」 6 上半身.jpg


下半身

03 「ドラゴン・キッド」 7 下半身.jpg


下記がキッドさんの動画です



気になる方や興味のある方はご覧ください



注意 音量を小さくしてご覧ください


実はキッドさんのマスクですが

上記の動画の対戦相手と同じマスクで

マスクの色とマスクのテカり具合のみを変えたモノになっています

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<四人目 「望月成晃さん」>

望月成晃さん (以下:モッチーさん) も前作で作っていたコスチュームなどを

そのままコピーしてきたような感じです



モッチーさんの顔 正面

04 「望月成晃」 1 顔 正面.jpg


モッチーさんの上半身

04 「望月成晃」 2 上半身.jpg


モッチーさんの下半身

04 「望月成晃」 3 下半身.jpg


モッチーさんの入場時コスチューム 正面

04 「望月成晃」 4 入場時コスチューム フード 正面.jpg


モッチーさんの入場時コスチューム 背面

04 「望月成晃」 5 入場時コスチューム フード 背面.jpg


画像の用意に時間がかかりそうだったので

顔以外はゲーム内の素材のみで作りましたが

顔が何だか少し違うような気がしています



本人の画像を貼り付けたのですけどね・・・



下記がモッチーさんの動画です



対戦相手には 元DRAGON GATEの戸澤陽さんを選択してみました



気になる方や興味のある方はご覧ください



注意 音量を小さくしてご覧ください


今思い返すと 戸澤陽さんがDRAGON GATEで最後の試合をされたのが1年前の11月3日なので

明日でちょうど1年になるんですね



戸澤陽さんの明るく楽しく激しい試合が大好きでした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<五人目 架空の女子レスラー 「NINJA GIRL」>

9月に女子プロレス団体 スターダムを生観戦に行ったからではないのですが

前作で仮面女子の 『神谷えりなさん』 ZARDの 『坂井泉水さん』

GARNET CROWの 『AZUKI七さん』 を作ってから

ゲーム内で女性レスラーの試合にハマっています



男性レスラーとは違い 女性レスラー間ではどんなに攻撃をされても流血がなしに設定されているのか

流血の設定をオンにしていても血が出ることがありません



WWEの選手のことは一生懸命覚えようとしているつもりではあるのですが

未だに名前と顔くらいしかわからず

どの選手とどの選手が仲が良くて どの選手とどの選手が仲が悪いのかがわからないでいます



私は 最近のテレビ番組はほとんど見ず

最近人気のある芸能人の方々のことも知らないので

母や妹に名前を挙げてもらったり 思いついた女性芸能人の方々を作ってみたりして

試合をずっと眺めています



最後の五人目は架空の女子レスラーなのですが

前作でも作っていたレスラーです



ゲーム内のとある衣装を見たときに

「この衣装を使えば ”くノ一” っぽいレスラーが作れるんじゃないかなぁ」

と思ったのがキッカケで作ってみました



まずは 顔

05 「NINJA GIRL」 1 顔 正面.jpg


名前の通り ”ガール (女の子)” にしたかったので

合っているのかはわかりませんが カチューシャ (?) 付きの髪型にしました



続いては 上半身 正面

05 「NINJA GIRL」 2 上半身 正面.jpg


ゲーム内の素材から胸に忍者っぽく見えるような模様を入れてみました



続いては 上半身 背面

05 「NINJA GIRL」 3 上半身 背面.jpg


続いては 下半身 正面

05 「NINJA GIRL」 4 下半身 正面.jpg


こちらも忍者っぽくをイメージして 手裏剣のような画像を入れてみました



続いては 下半身 背面

05 「NINJA GIRL」 5 下半身 背面.jpg


背面も正面と同様に手裏剣のような模様を入れてみました



また余談ですが

私は 『キング・オブ・ファイターズ』 という格闘アクションゲームの

『不知火舞』 というくノ一の女性キャラクターが好きなので

下半身の手裏剣のような画像の入っているのれん (名前がわかりません) のような部分は

『不知火舞』 をイメージして作ってみました



続いては 入場時コスチューム 頭巾

05 「NINJA GIRL」 6 入場時コスチューム 頭巾.jpg


この頭巾は見た目から忍者っぽいと思えたので

一人目として紹介したムタと同じものを選びました



続いては 入場時コスチューム 上半身

05 「NINJA GIRL」 7 入場時コスチューム ベルト.jpg


いまいちホンモノの忍者というものがわかりませんが

お腹に画像のようなベルトを巻かせてみました



下記が 『NINJA GIRL』 の動画です



対戦相手が 『SUMMER RAE』 という方です



この方は前作ではカワイイなぁと思っていたのですが

今作では何だか顔が怖いような・・・



気になる方や興味のある方はご覧ください



注意 音量を小さくしてご覧ください



この 『NINJA GIRL』



別バージョンとして違うコスチュームも作ってみました



まずは別バージョンの上半身 正面

06 「NINJA GIRL」 1 通常コスチューム バージョン 上半身 正面.jpg


続いては 上半身 背面

06 「NINJA GIRL」 2 通常コスチューム バージョン 上半身 背面.jpg


続いては 下半身 正面

06 「NINJA GIRL」 3 通常コスチューム バージョン 下半身 正面.jpg


続いては 下半身 背面

06 「NINJA GIRL」 4 通常コスチューム バージョン 下半身 背面.jpg


ダサいと思われる方が多いと思いますが

別バージョンの入場時コスチュームでは

あの中邑真輔さんの名言

一番スゲエのはプロレスなんだよ!

をプリントしたシャツを着せてみました

06 「NINJA GIRL」 5 通常コスチューム バージョン 入場時コスチューム 名言入りシャツ 正面.jpg


入場時コスチューム 背面

06 「NINJA GIRL」 6 通常コスチューム バージョン 入場時コスチューム 名言入りシャツ 背面.jpg


英語がサッパリわからないので意味が間違っているかもしれませんし

画像では髪に隠れて見にくいと思いますが

シャツの裏面には英語で

Pro-Wrestling is No.1!

と入れてあります



別バージョンのコスチュームでの動画も作ってみました



気になる方や興味のある方はご覧ください



注意 音量を小さくしてご覧ください


別バージョンのコスチュームでの対戦相手の 『シャーロット』 という選手の方



最近知ったのですが あの 『リック・フレアーさん』 の娘さんだとか





またまた余談ですが 『WWE 2K18』 のゲーム



何故かはわかりませんが 『くノ一』 のローマ字表記である 『KUNOICHI』 が使えないようで

この文字を打ち込むと伏せ字になってしまいました



なので 本当は 『KUNOICHI』 という名前にしたかったのですが

仕方なしに 『NINJA GIRL』 にしたというワケです





余談ついでにもうひとつ



別バージョンでは緑と赤と白を使ってコスチュームを作ってあります



個人的にスターダムの中で 『ジャングル叫女さん』 という方が好きなので

ジャングるってるイメージで3色でコスチュームを作ってみました

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<アップロードはしていませんが 作ってみました>

アップロードはしていませんが

今作では新技として 『パラダイスロック』 が収録されていたので

ミラノ先生こと 『ミラノコレクションA.T.さん』 を作ってみました



『パラダイスロック』 は

現在新日本で試合をしているSANADA選手がパクっているようなので収録されたのだと思いますが

それならば SANADA選手の 『Skull End』 も入れていただきたい



ドラゴン・スリーパーがあるのだから スカル・エンドもあって良いのではと思います



話がそれてしまいましたが ミラノさんとCIMAさんとキッドさんとモッチーさんでタッグを結成し

8人タッグでの試合動画を作ってみました



先ほどから紹介動画としてアップしてきた動画を見ていただいた方はわかると思いますが

シングルマッチでは例えタイトルマッチでも関係のない選手が乱入してくることが かなり多いです



今作では試合形式やルールを自分好みに設定して保存しておける機能がついているので

私はリングアウトなし どのような反則もありにして試合を行っていますが

反則なしのまま (自分で試合形式を変えていない通常ルールのまま) だと

乱入してきて試合がぶち壊されることがあるので

そこを修正してもらえないかなぁと思っています



あとは 通常ルールでは

前作であった相手チーム全員を倒すまで試合が終わらないイリミネーションマッチがありませんが

自分でカスタマイズすることによってイリミネーションも可能になります



前作と今作の大きな違いについて触れようと思うのですが

前作では技のモーションに入ってしまうと

「この技は絶対にくらってしまうな」

と ほぼ断言できるような状態だったのが

今作では持ち上げられたり 抱え上げられたり 打撃をされるなどの動作の際に

数多くの返し技が発動するので

例えばそれが選手のフィニッシャー (決め技) であっても返し技での反撃にあうことがあり

購入してきて初めて試合を観たときは

「おぉー スゴく試合の流れがおもしろくなってる!!」

と思わされました



長々と書いてきましたが

気になる方や興味のある方がおられれば

ミラノ CIMA キッド モッチー組の試合をご覧ください



動画の後半では 珍しく (?) ドラゴン・ラナが決まっています!!


(私の中では ドラゴン・ラナを出そうとすることはあっても

失敗して前方宙返りのローリング・セントーンのようになる確率のほうが非常に高く思える技なので

できれば当たり判定をもう少し甘くしていただきたいと思っています


試合を観ていても 失敗して相手の頭に全体重を浴びせる形になるのは非常に危険だと思いますし・・・)



クリエイトする どのレスラーにしてもそうなのですが

完璧に持ち技や入場シーンなどを再現するのは無理なので

技の設定などは適当です



あとは 下記の8人タッグの試合は入場シーンがありませんので悪しからずです



注意 音量を小さくしてご覧ください


8人タッグの動画をご覧いただければわかるかと思いますが

PS4の性能の限界なのか PS4の性能が活かしきれていないのか



動きが滑らかではなかったり (カクついたり) 動きがスローになる箇所があります



8人タッグができるのはとても嬉しかったのですが この部分がスゴく残念でした



あとは8人タッグの場合

選手としているのにタッチしてもらえずに試合が終わってしまうこともあります



タッチをしたら待機している選手はバレーボールの試合のように

場所をローテーションするというようにしていただきたかったです

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<重要なことを書くので もう少しだけ お付き合いください>

前々回 最悪というタイトルの記事にて

ゲームデータがすべて消えてしまう現象のことを書きました



システムアップデートをしてからなのですが 原因はわかりません



その後も何度も消えてしまうことが起こってしまいました



終いには 今作である 『WWE 2K18』 でも起こってしまっています



そこで私がやっている対策なのですが

① PS Plusに加入する


② 加入するとオンラインストレージというモノが利用できるようになるので

ゲームを終了したら進行度に関係なく オンラインストレージにデータをアップする

という方法を使っています



今のところ データが何度か消えてしまいましたが

オンラインストレージにアップしてあるデータをダウンロードすることで事なきを得ています



オンラインストレージを利用するには 必ずPS Plusへの加入が必要なようなのですが

一番オトクな12ヶ月利用権を購入しておけば問題ないと思います



オンラインストレージにアップするやり方は

ゲームを終わらせたら PS4のホーム画面から

『設定』 → 『アプリケーションセーブデータ管理』 へと進み

『本体ストレージのセーブデータ』 → 『オンラインストレージにアップする』 を選択し

WWEのゲームを選んでください



逆にダウンロードする場合は

『アプリケーションセーブデータ管理』 → 『オンラインストレージのセーブデータ』 を選択し

『本体ストレージにダウンロードする』 から WWEのゲームをダウンロードしてください



注意しなければいけないことは

アップロードやダウンロードをする際にオンラインストレージにあるデータのほうが新しいのか

それとも 本体ストレージのデータのほうが新しいのかの日時の確認を怠らないことと

WWEのゲームデータの場合はデータの容量が約1GBもあるため

アップロードやダウンロードする際に少々時間がかかるということです



念のためですが もしかすると 他のゲームの大切なデータも

オンラインストレージにアップしておいたほうが良いかもしれません

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<最後に いちばん大事な 「宣伝」 です>

先ほどから書いていますが 5人のレスラーをアップしています



もう一度アップしたレスラー名を 『WWE 2K18』 のゲーム内表記の名前で書くと

『GREAT MUTA (DEVIL)』  『DRAGON KID』  『CIMA』

『MASAAKI MOCHIZUKI』  『NINJA GIRL』

です



レスラーをダウンロードする前に 『VIEW DETAILS』 という項目を見ると

00 「WWE 2K18」 の宣伝.jpg


上記のような画面が出ます



この中の赤で囲っている部分

『CONTENT BY THE CREATOR』 のIDが上記の画像と同じであれば

私が作ったレスラーです



他のクリエイターの方のようにうまく作れているわけではありませんが

『WWE 2K18』 のゲームをプレイしている方がおられれば

ダウンロードしてくださると嬉しいです



それでは 長文になってしまいましたが 長い 『宣伝』 でした



nice!(11) 
共通テーマ:ゲーム

DSGアリーナ高岡店さんにて、仮面女子の神谷えりなさんにお会いしてきました + 2017年11月9日 (木) フリーソフトを使って加工してみた画像を追記 [仮面女子]

この記事を書き始めた現在の時刻が午後2時30分ちょうどなので

ちょうど2時間前のお話になりますが

パチンコ店のDSGアリーナ高岡店さんにて

初めて神谷えりなさんにお会いしてきました



昨年に初めて神谷えりなさんについて書いた

2016年10月から 「仮面女子」 ならびに 「神谷えりなさん」 を応援しています!!

という記事内にて

この度とある偶然が重なりに重なり合ってできたご縁があり

2016年10月から地下アイドルグループの 「仮面女子」 ならびに

「仮面女子」 と 「スチームガールズ」 のメンバーの 「神谷えりなさん」 を応援しています

と書きました



今日 DSGアリーナ高岡店さんに行くことになった発端は

昨夜に母が見ていた夜のドラマ内のCMがキッカケでした



私が神谷えりなさんのファンであることを知っている母がドラマを見ていたところ

偶然にも今日DSGアリーナ高岡店さんに神谷えりなさんが来店されるとのCMが流れたそう



仮面女子の曲を聴き続け

唯一持っているライブDVDも何度も観ていながら

他のメンバーさん方のことは名前と顔が一致しない現状であるので

今回来店される方が仮面女子の他のメンバーの方だったらスルーしていた可能性が大きいと思います



しかし



今回はあの神谷えりなさんです



仮面女子ですら未だに生で観たことがないのに

まさか私のFAVORITE IDOLのひとりである神谷えりなさんが

我が家から車で数十分の場所に来られるという絶好の機会を逃したくはないと思い

家族に頼んで行ってきました



パチンコ店のような音が大きな場所が苦手ということもあるのですが

覚えている限りではパチンコ店の中に入ったのは生まれてから二度目です



見にくいとは思いますが

パチンコ店さんの前には下記のような告知用の看板やポスターが多数ありました

1 告知用の看板.png


大きな音をガマンして待っていて

ついに登場予定の午後0時30分ちょうどになったところで

念願の神谷えりなさんが登場

2 トークショー中の神谷えりなさん.png


正直言って 今回のようなイベントは初めてだったので

写真撮影はNGなんじゃないかと思っていたのですが

周りのお客さんがパシャパシャ撮りまくっているのに止められることはなかったので

私もスマホで撮りまくってきました



ただ 以前にも書いたことがあるように

機種変更をしてしまった現在のスマホのカメラ機能がポンコツ



あとから数えてみると撮った写真の数は58枚



そのほとんどがピンぼけや写真が暗いなど



今回ほどポンコツのカメラ機能を恨んだことはありませんでした



そんな中でも58枚も撮影をしていればカメラ目線の写真が撮れました



唯一のカメラ目線の画像が下記のものです

3 トークショー中の神谷えりなさん.png


何というか ほんの2~3メートルほど先に憧れの神谷えりなさんが立っておられるという状況



緊張からか わずかながら手が震えてしまいました



その憧れの神谷えりなさんとの2ショット写真を撮っていただいた際も

元々笑顔を作るのができない私なのですが

できあがったチェキ写真 (という表現でいいのでしょうか???) を見ると

明らかに顔がこわばっている



撮影する際に優しく声をかけてくださり

撮影後にもチェキ写真に直筆のサインを入れてくださる間に少しだけでもお話することができたので

思い切って神谷えりなさんを知るキッカケになった出来事と

知ることができた喜びの感謝の言葉をお伝えすると とても喜んでくださいました



ここ最近はついているのか ついていないのかわからない状況が代わる代わる続いていましたが

今のところ 今日神谷えりなさんご本人に直接お会いできてお話までさせていただけたことで

チャラになったのかなぁと思っています





表現がオカシイかもしれませんが

横に並んだときに感じた 思っていたよりも小柄な方という印象の他に



とてもカワイらしく



とてもキレイで



とても美人さんでした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<2017年11月9日 (木) フリーソフトを使って加工してみた画像を追記してみます>

スマホのカメラ機能がポンコツなので

撮影した写真が暗かったことを以前に投稿した上記の記事内にて画像の投稿とともに書きました



カメラ目線のように見える画像が気に入ったのでスマホの待ち受けにしていたのですが

ふと 写真の加工をしてみようと思い

先ほどフリーソフトを使って画像の編集を行ってみました



使用したのは 『paint.net』 さんです

(このようなフリーソフトを作ってくださった方 どうもありがとうございます)



明るくして 色合いを濃くしてみただけですが

何分 チャンとした画像の編集は初めてやってみたので

やり過ぎな部分があればスミマセン

4 トークショー中の神谷えりなさん (加工後の画像).png


自分ではまずまずの出来ではないかと思っています



スマホの待ち受けにをこちらに変更しました



追記日:2017年11月9日 (木)

nice!(18) 
共通テーマ:パチンコ

【PS4】「WWE 2K18」 その2【動画あり】 [ゲーム関係]

<前置き>

何度か私のブログの記事を読んでくださったことがある方ならおわかりだと思いますが

私のブログの記事は 他の方々の記事に比べて とても長いです



それは 私に文章をまとめる能力がないことと

書きたいと思ったことはすべて書かないと後々後悔にも似た感情が出てくるからなのですが

最近は以前と違い 記事をひとつ書くのに数日かかっています



以前はどんなに長い記事でもキーボードで文章を打つのが疲れませんでしたが

最近は不調が続いているせいもあってか 少しずつ文章を書いては休憩といった感じで

数日間かけてようやく完成するという状態になっています



この記事は先週に毎日時間をかけて用意していたものの

完成したと思い 私の中では投稿が済んでいるものと思っていました



ところが 今しがたブログの記事管理画面を見てみると

『下書き』 となっていました



何日にもわたって記事を用意している間 『下書き』 として保存していて

勝手に 『公開した』 と勘違いしていたようでした



前置きの時点ですでに長くなってしまいましたが

新作である 『WWE 2K18』 という実在するアメリカのプロレス団体のゲームで

私が愛してやまない方々をクリエイトしてみた画像と試合動画を貼り付けた内容となっていますので

まったく興味のない方はスルーしていただいて

わずかでも興味がありましたら 流し読みのような感じでも構いませんので

画像だけでもご覧になってみてください



前置きの最後に どうでも良いことですが

この記事のURLと投稿時間 (この記事を公開した時間) は用意し終えた際の日時とさせていただきます

本当の投稿日時:2017年11月14日 (火) 午後10時29分

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<ここからが タイトルの内容となります>

前作である 『WWE 2K17』 をプレイステーションストアさんにてダウンロード購入した際

「WWE 2K17」 で作成したエディットレスラーの紹介 【画像 + 動画あり】という記事を書きました



今しがた当時の記事の日付を見て

「あの記事を投稿してからちょうど5ヶ月か~」

と思ったのですが

先月の19日に今作となる 『WWE 2K18』 を購入してから

実際に試合を観戦するよりも先に前作で作っていたレスラーと同じレスラー作りから始めていました



まず作ったのは私のFAVORITE IDOLの皆さんからでした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<1人目 「神谷えりなさん」>

一番最初に取りかかったのは前回の

DSGアリーナ高岡店さんにて、仮面女子の神谷えりなさんにお会いしてきました + 2017年11月9日 (木) フリーソフトを使って加工してみた画像を追記

という初めてこのような長いタイトルを付けてしまった記事内にてご本人にお会いしてきた

仮面女子の 『神谷えりなさん』 でした



前作から本人の顔写真をゲーム内にて顔に貼り付けることによってクリエイトしてきたのですが

ヘタクソながらも だんだんとなるべくキレイに作る工程がわかってきました



そこで 今作では神谷えりなさんの画像を前作とは違う画像を使って作ってみました



前回の記事でご本人にお会いしてきた際に撮影してきた写真 (下記の写真) を貼りましたが

4 トークショー中の神谷えりなさん (加工後の画像).png


ゲーム内では何故か どうしても似ないです・・・

01 神谷えりなさん 顔.jpg


今作では前作よりもグラフィックがよりリアルになったおかげからか

前作よりもクリエイトするのが楽しく より人間らしさが出ているのではないかと思います



細かい部分のコスチュームの色を少々変えたり

前作ではまったく触らなかった (前作でも多分あったと思います) 『MATERIAL』 という項目にて

コスチュームの材質を好みのモノに変えてみたりしました



神谷えりなさんのコスチューム 上半身

02 神谷えりなさん 上半身.jpg


神谷えりなさんのコスチューム 下半身

03 神谷えりなさん 下半身.jpg


ちなみに 先に書いておくと

前作からなくなってしまった一部のコスチュームを除いては

前作でクリエイトした衣装と同じモノを選んで作っていきました



前作でも作ったように お尻の部分に 『仮面女子』 と入れてみました

04 神谷えりなさん 背面.jpg


入場時には前作と同じ ホッケーマスクを着用

05 神谷えりなさん 入場用 仮面.jpg


入場時の上半身のコスチュームも前作と同じ

私が唯一持っている仮面女子のTシャツから画像を貼り付けた下記の衣装での入場にしてみました

06 神谷えりなさん 入場用 仮面女子のシャツ.jpg


続いては このゲームは前作でもそうだったのですが

同じ人物に対して違う見た目を作ることができるので

実は記事にはしなかっただけで前作でも作っていた

セクシーバージョンも作ってみました



確か WWEで2017年11月11日現在も連勝記録を伸ばし続けている日本人女性レスラーASUKAさんの

前作でのコスチュームだったと思いますが

私には見た感じがセクシーに見えたので色を変えて着せてみました



ライブDVDでの衣装と以前購入した仮面女子のVR映像の衣装の色から

ピンクっぽい色と水色を主に使用

07 神谷えりなさん セクシーバージョン 上半身.jpg


下半身

08 神谷えりなさん セクシーバージョン 下半身.jpg


入場時には下記のように

上記の別バージョンのコスチューム画像とは違う色のホッケーマスクを着用するようにしました

09 神谷えりなさん セクシーバージョン 入場用 仮面.jpg


初めに紹介した通常のコスチュームでの試合動画を作ってみたので

興味のある方や暇な方がおられればご覧になってみてください


(セクシーバージョンでの試合動画はこの記事の最後に貼り付けます)



注意 音量を小さくしてご覧ください

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<2人目 「坂井泉水さん」>

2人目はこちらも前作で作っていたZARDの坂井泉水さんですが

以前に前作で作っていた坂井泉水さんを紹介した際は簡単なコスチュームだけだったと思います



実はあのあとで試合で勝ち星をあげられるような技の設定を見直す際に

コスチュームも一新していました



今作でも同じようなコスチュームを作ることができたのですが

前作で作っていたシューズだけが探しても見当たらなかったので変えました



坂井泉水さんも似ていません

10 坂井泉水さん 上半身.jpg


背中は大きく開いたコスチューム (WWEの女性レスラー EMMAさんのコスチューム) です

11 坂井泉水さん 上半身 背中.jpg


坂井泉水さんの下半身

12 坂井泉水さん 下半身.jpg


通常バージョンの入場時のコスチューム

13 坂井泉水さん 入場用.jpg


続いては 神谷えりなさん同様 セクシーバージョンのコスチューム紹介です



まずはセクシーバージョンの上半身

14 坂井泉水さん セクシーバージョン 上半身.jpg


セクシーバージョンの下半身

15 坂井泉水さん セクシーバージョン 下半身.jpg


坂井泉水さんはZARDのイメージから青を主に使用してみましたが

セクシーバージョンでは青と赤を主に使いました



坂井泉水さんのセクシーバージョンの入場時のホッケーマスクは青にしてみました

16 坂井泉水さん セクシーバージョン 入場用 仮面.jpg


坂井泉水さんも通常バージョンでの試合動画を作ってみたので

興味のある方や暇な方がおられればご覧になってみてください



書き忘れるところでしたが

現在 神谷えりなさんと坂井泉水さんは私が自作したタイトルマッチのタッグチャンピオンなので

2人ともベルトを持っての入場です



こちらも書き忘れるところでしたが 対戦相手はランダムで選ばれた選手です



注意 音量を小さくしてご覧ください


この試合に関しては

試合後に対戦相手が納得がいかず 試合後にもかかわらずに攻撃をしてきて

よくわからないうちに試合終了となってしまいましたが

このゲームではこういった展開もあると見ていただければ嬉しいです

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<3人目 「AZUKI七さん」>

3人目はこちらも前作で作っていたGARNET CROWの 『AZUKI七さん』 です




前作ではヒール (悪役) の名残から黒いコスチュームを作りましたが

基本的にFAVORITE IDOLはヒールではないように作ってみたチームなので

黒いコスチュームから白いコスチュームに変更しました

17 AZUKI七さん 上半身.jpg


AZUKI七さんも似ていません



続いて 下半身

18 AZUKI七さん 下半身.jpg


続いては 入場時のマント

19 AZUKI七さん 入場用.jpg


AZUKI七さんもセクシーバージョンを作ったのですが

AZUKI七さんの場合は白と黒を主に使用してみました



まずは上半身

20 AZUKI七さん セクシーバージョン 上半身.jpg


続いては 下半身

21 AZUKI七さん セクシーバージョン 下半身.jpg


AZUKI七さんのセクシーバージョンでの入場時のホッケーマスクは白にしました

22 AZUKI七さん セクシーバージョン 入場用 仮面.jpg


記事の内容がだんだん簡単になってきてしまっていますが

AZUKI七さんの通常バージョンでの試合動画です



興味のある方や暇な方がおられればご覧になってみてください



AZUKI七さんだけはベルトを持っていないので通常の入場シーンですが

この入場シーンはFAVORITE IDOL全員のベルトを持っていない場合の共通の入場シーンとなります



個人的にこだわってみたのは腕を下げる動作に合わせて爆光と爆音がなるところです



注意 音量を小さくしてご覧ください


前々回くらいの記事内にて書いたような気がしますが

シングルマッチの場合 例えタイトルマッチであったとしても

全然関係のない選手の乱入により試合がぶち壊される場合があるため

いつも自分で試合形式やルールをカスタマイズした

『あらゆる反則あり (乱入あり) リングアウト負けなし』

というルールでシングルマッチを行っています

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<4人目 「中村由利さん」>

4人目はGARNET CROWのボーカルの通称:ゆりっぺこと 『中村由利さん』 です



中村由利さんは今作が画面上に8人のレスラーを一度に表示できると知ったときに

4人 vs 4人の8人タッグマッチができるのではないかと勝手に思い込んで

仮に8人タッグマッチができた場合を考えて前作で密かに作っていました



なので 今回が初めての紹介になります



まずは上半身

23 中村由利さん 上半身.jpg


続いては 下半身

24 中村由利さん 下半身.jpg


続いては 入場時のコスチューム

25 中村由利さん 入場用.jpg


私が紫が好きな色なので中村由利さんのコスチュームに紫を使用してみました



緑色を使用した理由は他のメンバーには緑色を使っている人がいなかったためです



相変わらず似ていませんが

もちろん 中村由利さんもセクシーバージョンのコスチュームを作りました



まずは上半身

26 中村由利さん セクシーバージョン 上半身.jpg


続いては 下半身

27 中村由利さん セクシーバージョン 下半身.jpg


中村由利さんのセクシーバージョンの入場時のホッケーマスクは紫です

28 中村由利さん セクシーバージョン 入場用 仮面.jpg


現在の自作ベルトのシングルのチャンピオンが中村由利さんなので

中村由利さんの通常バージョンでの試合動画はタイトルマッチを行ってみました


(特にFAVORITE IDOLをひいきしているのではなく

ランダムで選ばれた選手全員にタイトルマッチの権利を与えている中で

たまたまシングルとタッグのベルトをFAVORITE IDOLが独占しているだけです)


(もうひとつ書いておくと総合的な強さは何度も試合をさせながら調整をしていって

勝つこともあれば 負けることもある程よい強さに設定してあります)



興味のある方や暇な方がおられればご覧になってみてください



注意 音量を小さくしてご覧ください

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<セクシーバージョンでの8人タッグマッチ>

上記で紹介した4人全員をセクシーバージョンでタッグを組ませた

8人タッグマッチの試合動画を作ってみました



対戦相手は 『FEMALE GEININ』 という私が作ってみた

一応 ヒール (悪役) のチームです



名前は書きませんが メンバーの紹介だけします



まずは私の中での 『FEMALE GEININ』 のチームリーダー

29 ◯◯さん 1 上半身.jpg


30 ◯◯さん 1 下半身.jpg


続いて 2人目

31 ◯◯さん 2 上半身.jpg


32 ◯◯さん 2 下半身.jpg


この2人目の方ですが 何か疑問に思いませんか?



私はある疑問が出てきました



その疑問というのは

「一体 スカートで試合をすればどうなるのか???」

という点



特に変な考えから出た疑問ではないのですが

実際に試合をさせてみると疑問は吹き飛びました



どうやらスカートで試合をしても スカートの中は黒く表示されるようでした



続いては 3人目

33 ◯◯さん 3 上半身.jpg


34 ◯◯さん 3 下半身.jpg


この3人目の方



特に意味はありませんが この方だけ別バージョンを作ってみました

35 ◯◯さん 3 別バージョン 上半身.jpg


36 ◯◯さん 3 別バージョン 上半身.jpg


最後は4人目のメンバーです

37 ◯◯さん 4 上半身.jpg


38 ◯◯さん 4 下半身.jpg


先ほども書いたように名前は書きませんが

悪意を持って作ってみたわけではないということだけはわかってください



ここで FAVORITE IDOLのお話しに戻りますが

私の中では 『FAVORITE IDOL』 のチームリーダーは坂井泉水さんだと思っています



作ってみた試合動画も私がルールや試合形式をカスタマイズしたものです



試合形式・ルールは

『リングアウト負けなし 相手チーム全員を倒すまで終わらないイリミネーションマッチ』

となっています





大事なことを書き忘れるところでした



下記の動画はプレイステーション4 Pro (PS4 Pro) での動画です



以前 「WWE 2K18」 の宣伝をさせてください + 重要なことという記事内にて

望月成晃さん CIMAさん ドラゴン・キッドさん ミラノコレクションA.T.さんの

8人タッグを通常のプレイステーション4で試合動画を作成しましたが

スローになる箇所が出てしまったり 動きが滑らかではないといった不満があったので

思い切ってPS4 Proを購入しました



私が見る限りでは8人タッグでもスローになるなどはなくなりました



下記のようにPS4 ProはAmazonさんでは定価よりも少しだけ安く購入できるようです



私は某電気屋さんにて定価で購入したのですが

できればホワイトが欲しかったのに

ブラックしか在庫がなかったので仕方なくブラックを購入しました



Amazonさんでは2017年11月11日現在 ホワイトは高いです



もしもこれからPS4を購入しようと考えている方や

PS4の購入を検討されている方がおられれば

高いとは思わず 迷わないでPS4 Proを購入されることをオススメします



高いとはいえ通常のPS4を購入してから

PS4 Proが欲しくなってしまえば余計なお金がかかるだけですので



それと これから発売されるソフトでPS4 Proでプレイすることを奬める書き込みが

パッケージに印刷されていた場合 (『PS4 Pro ENHANCED』 という表記のことです)

通常のPS4では私が陥ってしまったように

動作がスローになるなど安定しないという問題が出てしまうゲームの可能性だってあるかもしれません


(現在発売されているゲームの中にも 『PS4 Pro ENHANCED』 という表示が

パッケージに印刷されている場合がありますが

この印刷がされてあるゲームをPS4 Proでプレイした場合

通常のPS4よりも映像がキレイに表現されるようです


ただ 4Kのテレビじゃないと違いがわからない可能性もありますが

それでも PS4 Proを選ぶことによって ソフトによってはいろいろと不安定な箇所がある場合

ゲームの安定性が向上するようです)





お話がそれてしまいましたが

興味のある方や暇な方がおられれば

『FAVORITE IDOL (セクシーバージョン) 』 vs 『FEMALE GEININ』 の試合を

ご覧になってみてください



注意 音量を小さくしてご覧ください



それでは オヤスミナサイです



nice!(16) 
共通テーマ:ゲーム

オープンワールドゲームは、とても楽しい!! [ゲーム関係]

先月の終わりに 「自閉症スペクトラム障がい」 について愚痴らせてくださいという記事内にて

私がプロレスのゲームに入れ込んでいるのではないか?

と 通院している精神科の先生に言われたことを書きました



私としては 例え息抜きで遊んでいたとしても

ゲームデータがすべて消えるという現象が起こってしまえば

誰だって怒りを覚えるのではないかと思っています



まぁ そう言われてしまったことで実際にそうなのかな???という気持ちが出てきたことと

半年近くほぼ 『WWE 2K17』 と新作の 『WWE 2K18』 しかやってこなかったということがあり

購入していたもののまったくプレイできていないゲームが増えてきたので

プロレスのゲームは息抜きにして 他のゲームをプレイすることにしました



先月に 『WWE 2K18』 と同じ日に発売されたレゴの新作を買ってあるのですが

最近は私の不調が続いているので ひとつ前の作品も完全クリアとまではいっておらず

おそらく 一緒にプレイしている父は毎晩暇を持て余しているのではないかと思っています



そのレゴのゲームも然りなのですが

最近はオープンワールドのゲームが増えてきているみたいですね



私も最初は

「オープンワールドゲームってどういう意味???」

と思っていたので ゲームに詳しくない方に (私自身も詳しくないのですが) 簡単に書くと

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどのようなRPG作品がわかりやすいと思うのですが

昔のゲームといえば街に入ったり ダンジョンに入ったりすると

多少の時間の読み込みがあって街なり ダンジョンなりが画面に表示されていました



その読み込みをなくして ひとつのフィールド上に街やダンジョンをそのまま配置したようなゲームを

『オープンワールドゲーム』 というらしいのですが

私もゲームに詳しいわけではないので このくらいの知識しかありません



現在 私がプレイしているのは約1年前に発売された 『ファイナルファンタジーXV (15)』 です



実は発売されてから1ヶ月ほど経った頃に定価から一気に値段が落ちていたので

GEOさんにて新品で購入していました



売れていなかったのかはわかりませんが

発売後約1ヶ月で購入したのに 初回版が購入できました



購入してからおよそ1年でようやくプレイしているのですが

Amazonさんのレビューを見てみると低評価が目立つ作品です



昼間は主に部屋でプレイステーション4 Pro (PS4 Pro) でプレイしているのですが

夕方になって1階でこれまで使っていた通常のPS4でプレイしてみると

PS4 Proでの動作の安定性や快適さがよくわかります



私の性格が出ているのでしょうけれど

RPGなどのようにキャラクターにレベルや覚えさせるスキルなどがある際

私は必ず序盤で少ない経験値をためながら できるだけ死んでしまわないようにレベルを上げ

覚えることのできるスキルなども 序盤のうちに覚えさせてしまいます



現在はレベル上げやスキル取得のためのポイント集めやお金を貯めるために

できるだけ敵と戦っています



レゴのゲームやファイナルファンタジー15をプレイしていると

画面の切り替わりがないオープンワールドゲームの良さがわかりますね



ファイナルファンタジー15の場合は死んでしまえば直前にセーブしたデータからやり直しになるので

そのデータの読み込み時間に待たされてしまうことはあるものの

ゲーム中では死なない限り読み込みが発生しませんからね



こういったゲームをプレイしていて 他のオープンワールドゲームが気になったので

ネットで検索をしたり YouTubeさんにてオープンワールドゲームの動画を見て回りました



すると 幾つかのゲームに興味が湧いてきました



PS4 Proを購入して間もないのでお金がなかったことと

現在はファイナルファンタジー15をプレイ中 (まだチャプター2です) なのですが

気になりだすと購入してしまう悪い癖が出てしまいました



一応 調べた中で私が気になったゲームは

『アサシンクリードオリジンズ』

『ウィッチャー3 ワイルドハント』

『スカイリム』

の3作品です



お金がないながらも購入するだけしておきたかったので

Docomoさんのdポイントを見てみるとポイントがずいぶん貯まっていることがわかり

dポイントでお買い物ができる某電気屋さん (スグにわかると思うので書くとジョーシンさん) に行ってみました



しかし 通常のPS4のコーナーを探してみても見当たらなかったので

おかしいな~???と思いつつ 初めて18歳以上が対象のCERO Zのコーナーへ行くとありました



3作品とも18禁のゲームだったんですね・・・



ソフトが見つかるには見つかったものの

『スカイリム』 という作品だけ品切れだったので

『アサシンクリードオリジンズ』 と

『ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション』 のみdポイントで購入



帰宅後 プレイステーションストアさんにて

『スカイリム』 を探してみると品切れだったジョーシンさんでは定価価格だったのが

2017年11月19日 (日) 現在 今月の26日までセールをやっているようで

¥2,600くらいでダウンロード版を購入することができました



ただ 『スカイリム』 も18禁の作品なので

クレジットカード払いでしか購入できませんでしたが・・・



3作品ともオープニング映像から少々キャラクターを動かす当たりまでゲームをプレイしてみましたが

今のところ 『スカイリム』 だけが冒頭のオープニング映像だけで18禁だとスグにわかります



2014年なので3年前になりますが

2014年1月16日に投稿した 「ブラッディピエロ 100人連続切り裂き」 を観ましたの記事にて

タイトルの映画をレンタルしてきて観た感想などを書きました



私は元々なのか グロい内容だったり 残酷な内容だったりを

作り物と考えて観ることができるため上記の映画も最後まで観ることができたのですが

上記の映画も確か18禁だったと思います



上記の映画の内容は投稿した記事内にも書いてあるように

ただ単に人を惨殺していく殺人鬼が出てくるだけで

ストーリーというストーリーはほぼなかったような記憶があります



『スカイリム』 という作品



『ブラッディピエロ』 という映画でも出てくるように

冒頭から 『首チョンパ』 があります



所詮は作り物のストーリーなのですが ダメな方はこの時点でダメでしょうね



私はYouTubeさんの実況プレイでこのシーンがあることが先にわかっていたので

驚きはしなかったのですが 他の2作品もこういった描写があるのでしょうか???



プレイするゲームが一気に増えてしまいましたが

オープンワールドゲームなので18禁というよりも楽しみのほうが勝っています



それよりもまずはファイナルファンタジー15をクリアしないといけないのですが

サブイベントを攻略本を見ながらやっている最中です



私の場合はサブイベントやちょっとしたミニゲームは

攻略本や攻略サイトさんなどを見ながらやっていますが

メインとなるストーリーのほうは先に知ってしまってはおもしろさがなくなってしまうので

一切見ないでやっています



ちなみに 余談ですが 現在の私のファイナルファンタジー15のプレイ状況



チャプター2で船が出られなくなってしまったところまでメインのストーリーが進んでいて

レベルは全員28 スキルは主人公のノクティスと仲間とのリンク攻撃などから覚えていき

スキルを覚えるのに必要なポイントが多いもの (ポイント数 999など) から覚えるようにしています



私のゲームのプレイの仕方がどうなのかはわかりませんが

ファイナルファンタジー15は私が好きなアクションRPGということもあり

PS4 Proでは映像の良し悪しはよくわかりませんが

通常のPS4よりも快適に遊ぶことができるので

もうしばらくは時間をレベル上げとスキル習得とお金稼ぎとサブイベントに費やそうと思っています



個人的にはファイナルファンタジー15は酷評されるようなゲームではなく

とてもプレイしていて楽しく ゲームをやめる時間が伸びていってしまうような

楽しいゲームのように感じています





タイトルからお話が大分それてしまいましたが

今の時代はオープンワールドゲームが主体となってきているのでしょうか?



ひとつ言えることはタイトルに書いたとおり

オープンワールドゲームは とても楽しい!!

ということです





最後に

いつものように余計なお話ばかりで記事が長くてスミマセン



nice!(11) 
共通テーマ:ゲーム

DDTプロレスリングを生観戦してきました [プロレス]

今年は9月に初めて女子プロレス団体のスターダムを観に行ったり

10月にはレジェンドと呼ばれるくらいに知名度や人気のあるレスラーの方々が参戦したレガシーを観に行ったりと

何かと初めて観戦に行くプロレス団体が続いているので

その団体ごとに違うサービスやレアなグッズや試合そのものも含めて楽しんでいます



そんな中 先ほどまでDDTプロレスリングをまたまた初めて生観戦に行ってきました



DDTさんが富山県高岡市の高岡エクールに来ると知ってから

父と一緒にいつものようにローソンさんにてチケットを購入したのですが

DDTさんは他の団体では見たことがない 『自由席・立ち見』 というチケットを販売しているんですね



プロレスの生観戦はお客さんの席のうしろで壁に寄りかかったりしながらでも

立って観たいと思っている私たち父子にはとてもありがたいチケットでした



DDTさんのホームページで対戦カードが少しずつ発表されていって初めて知ったことがあるのですが

それはDDTさんに参戦している大家健さんという方 (ガンバレ☆プロレスというところに所属???) が

富山県南砺市出身だということでした



富山県出身でプロレスラーとして試合をされておられる方は

プロレス名鑑を見てみると思ったよりも多いんです



今日 会場に着くなり いつものように隅っこで待っていたのですが

選手の方々が控室と思われる場所からトイレなどの場所への移動に使われていた通路が

DRAGON GETEとは全然違う通路を使われていたので

見えやすい場所へと移動しました



すると テーブルが置いてあって その上に本日の全対戦カードが書かれてあった用紙があったのですが

勝手に持っていっても良いのか迷っていると

近くにいらしたおじいさん (という表現でゴメンナサイ) が

「持っていってもいいですよ」

と言って渡してくださったあとで 開場を待っているお客さん全員に配って行かれました



そのときは DDTさんの関係者の方なのかな???と思ったのですが

試合が始まってから その方が大家健さんのお父さんだということがわかり とても驚きました



DDTさんはCS放送のサムライTVさんにて中継や生中継を観ているので

大体の選手の方やユニットは多少ですが知識はあります



テレビでの中継を観ていると好きな選手の方ができたり

この選手を生で観てみたいと思ってしまうので

一年に一度でも田舎に来てもらえるのはとても嬉しいです



DDTさんは他団体から参戦されておられる選手の方も含めて

魅力的な選手がとても多い団体ですし

十数年以上前に初めてテレビ中継を観たときから

今も変わらずDDTさんにて活躍されている選手の方々もおられるので

テレビで観ているプロレス団体の中では特に生で観てみたい方が多かったんです



グッズの数はいろいろと種類があり どれを購入しようかと迷ってしまうほどでした



ただ DRAGON GATEも同じなのですが

試合の休憩などで行われる選手の方々のサイン会



サインをしてくださる選手のグッズを買わないとしてもらえないのではなく

パンフレットさえ購入すれば

パンフレットに載っている選手の方の写真の上にサインを入れてもらえるというサービスは

ファンからすると とても良心的に思えます



今日は思っていた以上の選手の方々のサインがもらえました



サインをしてもらっているときには

一言二言ではありますが お話ができるのも良いですね



今日 大鷲透さん (透ちゃん) にサインをしてもらう際

透ちゃんが私の体型を見て

「キミは服のサイズがXLだね


XLのTシャツはたくさんあるから 安心して買っていいよ」

と声をかけてくださったのですが

すでに他のグッズを購入していてお金がなかったため そのことを正直に答えると

「そうかい わかったよ」

とサインをしてくださり 更にはイヤな顔をしないで握手までしていただけました





と ここまで書いてきましたが とても残念に思った点がありました



開場前に待っていたときから 年配の男性が多いなぁと思っていて

そのことを父と話していたのですが 父から

「あの人たちは大家健の応援団のような人たちではないか」

と言われました



そうなのかなぁと思ったわけですが

私がとても残念に思ったのは試合中です



通常 プロレスの試合というのは応援している選手の名前を大きな声で叫んだり

技が決まったり 大技が炸裂すると 驚きとともに拍手が起こるのが当たり前なのですが・・・



プロレスを観たことがないお客さんの中で試合をしているかのような

名前を大声で叫ぶことが極端に少ないばかりか

技が決まっても拍手はまばら・・・



メインでの大家健さんの試合は別としても

このような状態では選手の方々は試合がやりにくかったのではないかと思えました



ちなみに書いておくと

私は大声をだすのが苦手なので

そのぶん 大きな拍手で選手の方々を応援しているつもりなのですが

今日に至っては 私の拍手が虚しくなってしまうほど



プロレスの試合は選手の方々だけでは成り立たず

お客さんの応援があって ようやく成立するもの



今日に関していえば 選手の方々は一生懸命でとても楽しく 内容も良い試合が多かったのに

せめて拍手くらいは選手に届くような大きな音を出せなかったのかなという残念な気持ちと

何だか選手の方々にはとても申し訳ない気持ちが強かったです





あと気になったのは男色ディーノさんの入場時



やはりプロレスというか 男色ディーノさんを知らない方がおられたのか

ディーノさんが男性のお客さんの唇を奪おうと客席の真ん中を物色しながら歩いてくるのに対して

そこまで必死になって逃げなくても・・・と思ってしまうような 露骨に嫌がって逃げる方がいらしたこと



確かに男色ディーノさんは男性なので 気持ちの良い思いはしないでしょうが

もしも私がターゲットにされてしまったならば 逃げずに素直に受け入れていたと思います



私からすれば DDTさんを観に行っていて

ディーノさんからキスをされると 忘れられない良い記念と思い出になると思うのですが・・・



ただ逃げるならまだしも 見ている人がわかるほど必死に逃げてしまうのは

試合を観ていて感じていた楽しいという気分が萎えてしまうようでした





残念なところは以上のような感じでしたが

今日の試合をとても盛り上げ 楽しい内容にしてくださったのは

大家健さんのお父さんの存在がとても大きかったです



第1試合では平田一喜さんの代名詞とも言える電飾メガネにガウンを盗んだという設定で現れ

メインイベントでは佐々木大輔さんにベルトから全財産とすべてを持って行かれた大家健さんが

佐々木大輔さんから

「今度はお前のオヤジの通帳をかけて勝負しろ」

と言われて試合開始となった盛り上がりはスゴかったです



メインイベントの結果を書いてしまうと

大家健さんが直接勝ったわけではありませんが

パートナーであるHARASHIMAさんの蒼魔刀 (相手の胸から顔にかけてのダブル・ニーアタック) から

HARASHIMAさんが勝って オヤジさんの通帳は無事に守られました





以前にも書いたことがあるように

サムライTVさんを観ている時間が長いので

生で観戦できることならいろいろな団体を観てみたいです





いつものごとく長くなりましたが

DDTプロレスリングを観てきた感想を書いてみました



最後に スマホのカメラ機能がポンコツ過ぎるので

写真撮影は行わず 試合に集中していたので画像はありません



良いことばかりしか宣伝せず

実際に使用してみないと悪い面が見えてこない商売方法はいかがなものかと思ってしまいますが

機種変更をしたばかりなので これから長い間このスマホでガマンしなければならないと思うと

本当に嫌気が差してきます



以前使用していたGALAXY S6 EDGEで仮面女子のVR映像を見ると

プレイステーションVRよりも画質が良かったため

久しぶりにスマホで高画質を体験しようとDocomo withのGALAXY FEELで見ようとしたところ

GALAXY FEELはVRには対応していないようで 音は出るものの映像は真っ暗でした



スマホの機種としてはGALAXY S6 EDGEよりもあとで作られたので

性能は大して変わらないか FEELのほうが良いようなことを店員さんから説明を受けたのですが

性能の悪さばかりが目立ちます



タイトルから全然違う内容での締めくくりになってしまいますが

もしもこれからDocomo withにしようかなと考えている方や

検討中の方がおられましたら

料金が¥1,500引きが3年以降もずっと続くだけで

肝心のスマホの機能が本当にポンコツなので

料金のことは考えずに性能の良い機種を選んでください



私は使用したことがありませんが

らくらくフォンか それ以下の性能しかないような気がしますので

スマホ選びは慎重にです



うまいお話には必ず裏がありますからね



nice!(12) 
共通テーマ:スポーツ