So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ドラゴンボール ファイターズ」 の期待度が、発売前の予想通りだったことについて [ゲーム関係]

ドラゴンボールのゲームは これまでにいろいろな機種で

システムを変えて 数多く発売がされてきました



スーパーファミコン辺りまでの機種では

3Dでの表現ができなかったので

昔に一世風靡した 『ストリートファイターⅡ』 のような格闘ゲームが主でした

(その他には RPGのようなゲームもありましたが 今はアクションゲームということで除外しました)



その時代にしか表現できないシステムでゲームが発売されていたと 言えると思います



昨今のドラゴンボールのゲームでは 3D表現が当たり前になり

原作というよりも アニメにより一層近づけるような感じで

敵を吹き飛ばしたら 追撃として一瞬で相手の背後に回り込むことも可能になったわけですが

今回の 『ドラゴンボール ファイターズ』 はどうでしょう・・・



私は以前 何かの記事で書いたと思いますが

発売前の情報としては 『アニメの表現がキレイなこと』 しか良い点は浮かびませんでした



で 2月1日の発売日に買ってきたのですが

前回の【PC】 DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation の 「紹介動画」 を、オマケ付きで作ってみた

という記事を投稿し終えたあとから また精神的に一気に落ちてしまっていたので

購入日には プレイできずの状態でした



昨日の夜になって 少し落ち着いてきたので

ようやくゲームを開封して プレイステーション4で起動させてみました



まずは オープニングでのムービーが流れるのを期待して

起動させてから数分待っていたのですが

残念ながら オープニングムービーは流れず



仕方がないので ゲームを始めてみました



まず初めにロビー (だったと思います) と呼ばれる

ゼノバース2で言うところのトキトキ都を ものスゴく狭くしたところからゲームがスタート



性格のものだと思うのですが 私はこの手 (今回は 対戦格闘アクションゲーム) のゲームの場合

まずはトレーニングモードから始め

一通りの動きや技の確認をしておかないと 気が済まないので

とりあえず ロビーを動き回って練習ができるところを探しました



実際 練習できるところはありました



あったので キャラクターを選択しようと思ったところ

どうやら 標準で3 vs 3でしかゲームとして成り立たない設定のようで

ひとりずつ操作を確かめたいのに 一度に味方を3人と相手を3人を選ばないといけないシステム



とりあえず まずは悟空をと思い

『孫悟空 (超サイヤ人)』 を一人目に使用するキャラクターとして選択しました



そして 練習モードに入ったわけなのですが・・・



ゲームをされる方ならわかるかと思いますが

プレイステーション4のコントローラーは 十字キーと呼ばれるアナログのボタン (?) と

スティックが付いています



昔 学生時代に対戦格闘アクションゲームにハマっていた頃の経験上

アナログの十字キーで技を繰り出そうとすると

遊んでいるうちに 左手の親指が痛くなってくるとわかっていたので

スティックでの技の練習を始めたところ

何故か 技のコマンドを入力すると 対戦相手が動かせるようにバトンタッチしてしまう現象が起きました



この現象のせいで ひとりのキャラクターをジックリと練習ができなくて

しばらく悩んでいました



いろいろと触っているうちに 原因はわかったのですが

トレーニングモードだと デフォルトの設定で Lスティックを使用して技の練習をする際

誤って Lボタンを押し込んでしまう (L3ボタンを使用してしまう) と

自分が使っているキャラクターから相手のキャラクターに

使用キャラクターがチェンジしてしまうようでした



原因がわかったので L3ボタンの機能をオフにできないかと

コントローラーの設定を見ていても 設定されている他のボタンと交換という形でしか変更できず・・・



本当に もう トレーニングを集中してやらせる気があるの???としか思えません



購入時の初回特典として

悟空とベジータの超サイヤ人ブルーをスグに使用できるようにする権利が付いてきたのと

今回のゲームは 何年ぶりかの対戦格闘アクションゲームということで

購入時に 攻略本も同時に購入したので

攻略本に付いてきた 人造人間21号をスグに使用可能にできるコードを両方入力したためか

トレーニングモードでは おそらく全キャラクターが使用できたと思います



ですが トレーニングをやろうにも L3ボタンがジャマをするため集中できず



十字キーでも 技のコマンドの入力は可能なのですが

何故か 味方の誰かがサポートしてくるという トレーニングをするにはジャマな仕様も気になりました





あとは 昨日の夜に3時間ほど トレーニングモードをやっただけでの感想ですが

使用するキャラクターを選択して ゲームを始めて

画面に自分の使うキャラクターと敵キャラクターが表示されてスグに

あっ これは スグに飽きるな

と 直感的に思いました



ゲームシステムは2.5Dを謳っていますが

それは おそらく必殺技などのアニメーションシーンだけのことだと思います



少し触っただけですが 基本的には 『ストリートファイターシリーズ』 や

『キング オブ ファイターズシリーズ』 のように ただの2Dでの対戦だと思います



『ストリートファイターシリーズ』 は知らないのですが

『キング オブ ファイターズシリーズ』 には画面の手前や奥にステップ移動のようにできるゲームがあるので

2.5Dを謳うのであれば こういった要素も入れないといけないでしょう



その他で感じた点では 上記で書いたように通常の2Dでの格闘ゲームなので

広い空間を飛び回りながら 戦況を考えることができないばかりか

ゲーム画面には よく言われる端っこに見えない壁があるので

それ以上向こう側には行けないことと

そういったシステムのゲームなので

ゼノバースシリーズや 過去作の3Dでのゲームのような

攻撃をしても吹き飛ばして追撃するといった攻撃ができず

また 攻撃を受けてしまっても 回避して相手の後ろに回るなどの動きはできないのではないかと思います



ここまで書いておいて何なのですが

タイトルに書いたように アニメーション以外に良い点がひとつも挙げられないゲームで

発売前に感じていた 期待ができないという思いが予想通り的中してしまったと感じています



これならば 有料配信やアップデートなどが 本来発表されていた内容よりも大きく変更されていても

『ドラゴンボール ゼノバース2』 のほうが 何倍? 何十倍?? 何百倍???も期待が持てます



ストーリーモードにも興味を持てないので

欲しかった 『時の界王神さま』 をいただいたあとは

おそらくプレイする機会がないのではと思ってしまうのですが

プレイした方のレビュー (感想) を見ると

ブルマの声が鶴ひろみさんのようなので そこだけが嬉しいゲームだと思います



ゼノバース2で使用できる人造人間21号の衣装が欲しい方か

ファイターズで使える時の界王神さまが目当ての方以外は

中古店さんにて ¥2,000程度に値が下がるまで 待ってから購入したほうが良いのではないでしょうか?



もちろん 対戦格闘アクションゲームが好きな方なら楽しめるかもしれませんが

私からすると この程度でドラゴンボールの新作ゲームと 自信をもって言われても・・・という感想しか持てません





最後に 発売時で ダウンロードコンテンツがまだの初期状態で

使用できるキャラクターの数は24人だけ



今後 どうなるか?だと思いますが

ゼノバース2では おそらく ダウンロードコンテンツで配信されたキャラクターを含めて96人だそう



数が多ければ良いものでもありませんが

それにしたって 3分の1以下は少なすぎでしょう



nice!(15) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 15