So-net無料ブログ作成
検索選択
スターダスト☆レビュー ブログトップ

【初音ミク】 STARDUST REVUE の 「愛してるの続き」 【カバー】 [スターダスト☆レビュー]

今朝の 『朝の挨拶』 で書かせていただきましだが

今日は私が大好きで聴くたびに泣ける曲をアップさせてください



いつも通りのタイトルの曲になります



バンド名が ”STARDUST REVUE” となっていますが

カタカナ表記では ”スターダスト☆レビュー” となるようです



活動期間が30年以上もあるバンドですので バンド名はご存知の方も多いかと思います



現在のメンバーの方々をお書きいたします

スターダスト☆レビューのメンバーの方々

根本要 (ねもと かなめ) さん ギター ボーカル コーラス


柿沼清史 (かきぬま きよし) さん ベース コーラス


寺田正美 (てらだ まさみ) さん ドラム コーラス


林 ”VOH” 紀勝 (はやし・ボー・としかつ) さん パーカッション コーラス



サポートメンバーの方もいらっしゃいますが

バンドとしてのメンバーの方々は上記の4名になります



今回の 『愛してるの続き』 という楽曲ですが

CDの帯によりますと ”MBS-TBS系ドラマ 『あしたは晴れる』 主題歌” と記載されています・・・が

私がこの楽曲と出会いましたのは 高校時代に毎週聴いていたラジオ番組でになります



私が毎週聴いていましたラジオ番組のエンディング曲として毎週流れていまして

切ないメロディーと優しい歌詞が心に染みていきました



私が持っていますCDアルバムですが 実はもともとはレンタルされていたCDです



今はもう購入させていただいたレンタル屋さんはなくなってしまいましたが

高校を卒業するくらいの頃だったような気がしますが

偶然 今回の楽曲が収録されたアルバムが安く販売されていましたので購入させていただきました



ですので 未だにレンタルされていた当時のシールが貼ってあります



今回の楽曲につきまして CDにブックレットがついていますので

今回の楽曲に関します製作秘話を書かせてください

『愛してるの続き』 の制作秘話

1997年3月10日

『Ladies & Gentlemen』 ツアーもあと11本で終了


その間を利用して 次のシングル候補曲のひとつ

根本作による 『夢さえあれば』 (のちの 『愛してるの続き』) の詩について

並河翔太氏 (作詩をされた方です) とミーティング


スターダスト☆レビューが詩のシチュエーションを考える場合

例えばラブソングなら まず架空の人物の事細かな設定 ─性別 年齢 職業 血液型などなど─ を決め

”この人だったら どんな人と恋愛をするだろう”

と考えをめぐらせながら組み立てていくということを並河氏に話しながら

”じゃあ今回はどういう設定がいいだろう?”

とあれこれ思いをめぐらせていた


そんな中 ふと並河氏に

「”愛してる” って言葉は世の中にたくさんあふれてるけど

それ以上の思いを相手に伝えることってできないんだろうか」


と問いかけられた


そういえば 人は ”悲しい” という感情が沸きあがれば涙を流すし ”楽しい” と思えば笑う


それじゃあ ”愛してる” の先はどんな風になるんだろう?

言葉をも飛び超えた感情があるのなら それはどんなときに感じるんだろう?


そんな問いかけが 結局 『愛してるの続き』 の詩を書くキッカケになった


ちょっと悲しいメロディーと シンプルながら切ない印象を与えるアレンジ


そこにこの詩がのることによって より大きな思いが伝えられる気がしている



上記にありますように詩が書かれたようですが 本当にすばらしい歌詞となっています



もし興味のある方がいらっしゃいましたら

バックがピアノのみで非常に寂しいですが お聴きになられてみてください



今回作りましたカバー曲ですが いつもよりも音量が小さいと思います

それでも お聴きくださる方は音量を小さくしてお聴きください



下記に試聴用ウィジェットを置いておきますので もしよろしければ原曲をご試聴なさってみてください



根本さんの歌声がこの曲をより切なく優しい曲へと導かれています

『愛してるの続き』 の試聴用ウィジェットです



私が持っていますアルバムは小さくてわかりづらいかもしれませんが

こちらのジャケット写真のアルバムです


iTunes Storeさんではアルバム収録曲全11曲で ¥2,000

1曲のみでは ¥250 で販売されています



やはり・・・バンドスコアが・・・欲しかったです・・・

nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画
スターダスト☆レビュー ブログトップ