So-net無料ブログ作成
検索選択
Dir en grey ブログトップ

【メグさん】 Dir en greyの 「304号室、白死の桜」 【カバー】 [Dir en grey]

今日もカバー曲のアップでスミマセン <(_ _)>



今回アップさせていただきます曲は

いつもの如く タイトル通りです



もしかすると ”バンド名” をご覧になられて

「何だ Dir en greyか~ (ガッカリ)」

と思われる方がいらっしゃるかもしれません



私自身も 『Dir en grey』 は ほぼ聴いたことがありません



持っているCD も 『インディーズの頃のミニアルバム』 を数枚


インディーズでのシングル曲 『I'll』


デビューシングルの 『ゆらめき』 と 『残-ZAN-』 と 『アクロの丘』 の3枚


その後に発売されましたシングル 『Cage』 と 『予感』


そして デビューしてからの ファーストアルバム 『GAUZE』



のみですので デビューしたての頃の ”楽曲” しか知らない有様です



私は ”ボーカル” をやられている 『京』 さんの書かれる詩や 曲はとてもいいと思いますし

『京』 さんの声も好きではあります




ただ 1つだけ とても大きな問題があります



私は 音楽ボーカルのメロディーのある曲では

そのメロディーを活かすような歌い方で歌い上げて欲しいと思っています



今はどうかはわかりませんが 私の持っているCDの曲では ”シャウト” を多用されています



一概には言えないかもしれませんが 『Dir en grey』 が好きではない方の中には

私の同じような考え方を持たれていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか?



でも 全曲で ”シャウト” をされていらっしゃるワケではありませんが・・・



私が初めて聴いた曲は おそらく 『I'll』 になるのではないかと思います



それからしばらくして 『Cage』 が発売されました



デビューシングルの 3枚では 『アレンジ』 をバンドのみで行ったのかどうかはよくわかりませんが

『Cage』 では YOSHIKIさんが 『アレンジ』 に参加しています


『Cage』 をお聴きになられたことがない方は ぜひ 1度お聴きになって欲しいのですが

YOSHIKIさんが 『アレンジ』 に加わっていることによって

この曲には ”ピアノ””ストリングス” が使われています


この楽曲は 私が 『Dir en grey』 の楽曲の中で一番好きな楽曲であります



また 前置きが長くなってしまいましたが

今回の楽曲 「304号室、白死の桜」 もとても好きな楽曲であります



歌詞が とても切ない詩になっています



そして この楽曲 『アレンジ』 が素晴らしく とても凝った ”作り” になっています


”ボーカル” は 切ない歌詞にとても合う ”美しいメロディー” で作られており


”ギター” は ”アコギ” と ”エレキ” をうまく使い分け ”エレキ” では 『ピッキング・ハーモニクス』 という技を使っています


”ベース” では 『スラップベース』 という弾き方を 時折入れており


”ドラム” では 16ビートを基本に演奏されています




この曲は ”シャウト” がないので とても作りやすかったです





それでは お暇な方や 興味のある方は ぜひ お聴きになられてみてください


---------- <お断り> ----------

いつも通り ”歌詞” を入れさせていただいておりますが 一部 ”歌詞” とは違う部分があります




注意 音量を小さくしてお聴きになられてください!!




いつかは 『Cage』 にも挑戦してみたいと思っております


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<皆さんへのお礼>


本日をもちまして 私のブログへ遊びに来てくださった方々の人数が

「1,200名様」

を突破いたしました


いつも ”感謝の言葉” をお書きさせていただくことしかできませんが

また お暇なとき 時間が余ったときにでも遊びに来てくださると

私自身 とても嬉しく とてもありがたく思います


本当にいつもありがとうございます
 <(_ _)>

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

【初音ミク】 Dir en greyの 「Cage -弾き語り風-」 【カバー】 [Dir en grey]

只今 ちょうど1時間前に今朝の 『朝の挨拶』 の記事を投稿させていただいたばかりの時間です



歌詞入れ作業はすんなりと完了しました



今回もタイトル通りの楽曲の弾き語り風カバー曲になります



この原曲をご存知の方は歌詞もご存知ではないかと思います



人によりましては不快感を持たれる歌詞だと思いますが

私はこの曲の歌詞が好きです



いつものように弾き語り風カバー曲ですので

ドラムが入っておらず 原曲のような疾走感は感じられないと思います・・・



これは私の力不足です・・・・・・



この原曲につきまして書かせていただきますと 最初の歌詞の

『シビレを切らしてる 僕はマゾの血をひき サドの君を待つ 出来れば 毒のbaiserで』

の部分と 2番の歌詞の

『嫌がる僕を見て 強くそして優しく無理矢理の決断 決して君には言えない』

の部分のベースのみが ”ドロップDチューニング” となっています



その他の部分のベースは普通のレギュラーチューニングでの演奏です



この原曲にはギターソロがありませんので 今回はヴィオラでのソロは入っておりません



ただ この原曲ではスゴくカッコいいベースソロがあります



ベースソロの部分はそれなりに聴こえるように・・・と ピアノで近い感じにしてみたつもりです





お聴きくださる方で もし歌詞に不快感・嫌悪感を持たれた方がおられましたら

申し訳ありませんが途中でお聴きになられるのをやめてください



歌詞に問題のあるらしい曲ですが とてもいい曲だと私は思っていますので

興味のある方がいらっしゃいましたらお聴きになられてみてください



注意 音量を小さくしてお聴きください



もう10年近くも前のお話になりますが いとこに頼み込んで Dir en greyのCDを何枚か譲ってもらいました



インディーズのアルバムも含まれているのですが

さすがにインディーズのアルバムはバンドスコアが発売されていないですよね・・・





次はどの楽曲を弾き語り風カバー曲としまして作ってみようかと思案中です





もしよろしければ下記のリンク先から 他の弾き語り風カバー曲もご覧になられてみてください

これまでにアップさせていただきました 『弾き語り風』 のリンク先集です



nice!(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:動画
Dir en grey ブログトップ