So-net無料ブログ作成

【初音ミク V4X】ニール・セダカさんの 「ONE WAY TICKET (TO THE BLUES)」【Piano & Strings カバー】+ α [洋楽]

今回 新しく 『洋楽』 というカテゴリーを作りました



さて タイトルをご覧になってスグに曲が思い浮かんだ方は

一体どのくらいおられるのでしょうか?



今回の曲



実は私は知りませんでした



何年か前に父と2人で昔に流行っていたり 人気があった曲を探して

iTunesさんにて見つけられた曲のみを購入していた際に

たまたま聴いてみて とても良い曲だと思っていました



いろいろと楽譜を探していた時期に

偶然 洋楽の弾き語りのような感じで

メロディーの音符にコードを記載されていたモノを見つけ

購入した当時に作ってみたPiano & Stringsのカバー曲になります



以前にも書きましたが 私は簡単な単語でも英語がサッパリわからないため

歌詞の意味はわかりません



ただ 父がこの曲が流行っていた当時のことを思い出したときに

「この曲は日本では 『恋の片道切符』 というタイトルで流行っていた」

というようなことを言っていたので

日本語でのタイトルでだったらわかる方がおられるかもしれません



iTunesさんにて購入した原曲の音源は発売された当時の音源だと思うのですが

今聴くとお世辞にも良い音源だとは言えません



ただ 聴いてみるとスゴい名曲だと思います



英語がわからないため 何のことを歌っているのか?がわからないのですが

日本では 『恋の片道切符』 というタイトルだったらしいので

恋愛の歌なのでしょうか???



購入した楽譜にはメロディーの音符の下にしか歌詞がなかったので

動画を作る際にネットで検索した歌詞を参考にしたのですが

洋楽の歌詞では歌詞を記載されているモノによってまちまちなのか

楽譜での歌詞と検索して出てきた歌詞とではわずかに違いがありました



どちらが正しいのかは私にはわかりませんが

ボーカルの歌詞は楽譜を参考に

動画の歌詞はネットで検索した歌詞を参考にしてあるので

わかりづらいとは思いますが 暇な方は間違いを探してみてください



作ったのが何年も前であまり作ったときのことを覚えていませんが

歌詞に関しては1番も2番も同じだったと思います



原曲では1番の歌い方と2番の歌い方で若干異なる箇所がありますが

楽譜をもとに作っていた際には作るのがめんどうだったのか

私が作成したカバー曲では1番も2番も同じ歌い方をしています



興味があれば原曲を探して聴いてみてください



先ほども書きましたが購入した楽譜はメロディーの音符にコードが記載されただけのモノだったので

ピアノのアレンジは私が勝手にチャレンジしてみたバージョンとなっています



自画自賛ではないのですが

個人的には自分でアレンジをしたピアノは気に入っています



原曲ではフェードアウトで終わっていくのですが

私のアレンジではフェードアウトは無しになっています



改めて自分でアレンジした音源を聴いてみると

ちょっとだけ最後が長かったかなと反省するところもあります・・・



それでは興味のある方 気になる方 懐かしいと思う方 暇な方は

ぜひ聴いてみてください



注意 音量を小さくしてご覧ください

最後に 先ほどは1番や2番と書きましたが

富山県では1番や2番のことを 『1題目』 『2題目』 と呼ぶので

1番や2番と書くことに 少々違和感があります





もしよろしければ下記のリンク先から

過去にアップしたPiano & Stringsカバー曲もご覧になってみてください

これまでにアップさせていただきました 『Piano & Stringsカバー』 & 『失敗作』 のリンク先集です

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<ここからは 『ネットのニュースを読んで思ったこと』 です>

アナウンサーの渡辺真理さんが 『女性自身』 さんにてインタビューされた記事があったので

タイトルから気になり 読んでみました



ネットのニュースのタイトルでは

アナウンサー渡辺真理語る要介護5の母との幸せな日々

とあります



記事では まず初めに

「両親の介護について取材依頼をいただくと お答えできる場かどうか かなり慎重に考えます


メディアで取り上げる介護って

どうしても必要以上に過酷や悲惨といったイメージづけをされがちなので


今回は 『女性自身』 さんの熱意に根負けしました (笑)」

とあり インタビューでは

「もちろん 大変じゃないなんて言うつもりはないんです


実際に介護されるご家族の方が消耗し 困窮される場合もあるわけですから


ただ 放送する側にいる身としては

過酷さだけをクローズアップするのはある意味キャッチーかもしれないけれど

抵抗があるのも事実で


できれば まず介護される側の気持ちをくみたいですよね


がんばって生きてきた人生の終盤 どなたも好んで介護生活に入られるわけでないから

興味本位でその生活を晒すことになったり 介護=過酷のひと言で片づけるのは個人的に嫌です


一方で 親世代って昭和の律義さと高度経済成長を築いたガッツを併せ持つ人たち


いつもどこかで社会の役に立ちたいと願っていて

子どもくらいの年齢のヘルパーさんに 『ありがとう。ごめんなさいね、大丈夫?』

と毎日聞いたりします


だから 私たち世代としてはそんな介護される側の願いをくみつつ

実情を伝えてこれからに生かしていかないと


実際に 介護の現場で働く方たちには相当なシワ寄せがいっているのも事実です


介護保険スタートから17年たちますが

制度として成熟していない現状をスピード感をもって改善していく必要性は感じています



一日のスケジュールですか?


特筆していただくようなことは何もなくて 申し訳ないのですけど (笑)


今はデイリーの番組に参加していないので日によってまちまちですが

平日は朝6時過ぎに起きて母の様子を見て 主人を送っていって 犬や猫たちの世話をして


そのあと 自分の仕事に向かいます


要介護5の母には泊まり込みのヘルパーさんがついていてくれるので補い合いながら家事をします


職業柄 仕事中に親に何かあったとしても立ち会えない覚悟はしていますし

親自身 「何かあっても仕事をやり遂げなさい」 と怒るタイプではありますが (笑)


できるだけこまめに近くにいたいな と


アナウンサーになってからレギュラーの番組をずっと受け持てていることは

本当に恵まれていて幸運だと思いながら

今は泊りがけなど家族との時間を妨げる仕事は控えています


来た球は全部 打つ!って仕事の姿勢も好きで家計上も楽ですが

精神的に落ち着いて臨めないと仕事に対しても失礼になりますし


遅く結婚した主人が 

今はとにかく私の親と一緒にいよう!と同居を決断してくれたことには何よりも感謝していて

助かっています



繊細だけど強くもあって 絶妙のバランスのうえに成り立っているんだ と


免疫力が低下すると風邪など炎症が起きやすくなって

点滴で水分を補給するとむくみが出てしまうなど 心配は尽きません


でも 体が利かなくなって もどかしくてつらいのは母自身


父のこと (介護) でも誰よりがんばってきた母だから

今の生活を少しでも楽しく感じてもらえるよう 一回でも多く笑ってもらえるよう

家族としては力の見せどころです (笑)」



『女性自身』 さんの記事ではもっと長く詳しく書かれている可能性もありますが

今回の記事を読んで正直に思ったことを書くと

やはり テレビに出ておられる方というのは 感覚がズレているのかな?

と思いました



私のおばあちゃんは以前から書いているように 『認知症』 です



ただ 私自身はめんどうはできるだけ見ているつもりですが

介護をしていると思ったこと (そういった感覚でめんどうを見ていると思ったこと) がないので

私や父と母が介護に当たるのかはわかりませんが

泊まり込みのヘルパーさんがついていてくれるのであれば

泊まり込みのヘルパーさんを呼びたくても呼べない方々から比べれば

それはタイトル通り 『母との幸せな日々』 というものでしょう



この方も多少なりとも苦労はされておられるとは思いますが

世の中にはヘルパーさんを呼びたくても呼べなくて

本当に寝る間も惜しんで苦労をしている方々がおられるということをわかっているのかな?

と感じました



タイトルを見て 参考になればと思い読んでみたものの

こういった内容の記事では

本当に毎日苦労されておられる方々からすれば

それがなんぼのもんじゃい!!

と返ってくるような気がします



nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ドラゴンボールに関する 「楽」 と 「怒」 [ゲーム関係]

<まずひとつ目は 『楽』 です>

ここ数日 朝に記事の更新をしています



学生の頃に聞いたことのある

「前日の夜に書いた想いを込めた手紙を 次の日の朝に読むと恥ずかしくなる」

といった感覚に似ているのかもしれませんが

記事自体は前日の夜に用意しているものの 次の日の朝を迎えて読み返して

「これはダメだ」

と 冷静に考えることができるためです



なので 今朝の記事も昨日の夜に書いた内容です





さて タイトルに書いた 『ドラゴンボールに関する2つのこと』 から

まずはひとつ目 『楽』 を書きます



昨日の午後にお買い物へと行く際に 欲しかった雑誌があったので

行きつけの本屋さんへと連れて行ってもらったところ

欲しかった雑誌とは別に マンガのコーナーにて下記のようなおもしろいクイズ本を見つけたので

購入してみました



以前から書いているように

私はドラゴンボールは原作が一番好きなので

ただのドラゴンボールのクイズの本だったら

通常のマンガよりも価格が高いので 購入はしなかったと思います



では 何故購入に踏み切ったのか?



本の表紙や裏表紙をよく見ないとわかりづらいと思いますが

本の表紙や裏表紙には 中に収録されているクイズの中から8問だけ記載されているのです



その8問の中に

「人造人間17号と18号が 人間だった頃の名前は?」

というクイズがありました



実はこの問題



原作では17号と18号の本名が出ていないのです



たったそれだけの理由?

と思われるかもしれませんが

この問題の答えが知りたくて購入しました



結果でいえば 知らなかった本名が知れたわけですが

クイズ自体は初級と思われるような簡単な問題から かなりの難問もあり

まだ全部のクイズを見たわけではないものの

クイズを見ているだけでも楽しめます



クイズは全590問あります



個人的には原作を読んだだけでは知り得ない設定を知ることができたことと

私は観ていない巻頭のカラーページになっているビルス様やフリーザの劇場版のクイズが

「へぇ~」

と思わされました



そういえば 以前に「ドラゴンボール超」 の疑問で書いたことのあるひとつ目の疑問



何故ピラフ一味が幼い子供状態で

カプセルコーポレーションにブルマたちと一緒に暮らしているのか?

については 何故カプセルコーポレーションで暮らしているのかまでは書いてありませんが

子どもになってしまった経緯はわかりました



マニアな方でも答えるのが難しそうな問題もあり

初心者の方にはドラゴンボールを紐解く指南書としても楽しめると思うので

ドラゴンボールが好きでも このクイズ本は知らないという方がおられましたら

読んで懐かしい気持ちに浸るのも良いのではないかと思います

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<ふたつ目は 『怒』 >

「ドラゴンボール ゼノバース2」 の最後のダウンロードコンテンツ配信【動画付き】+ 追記の記事にて

最後の有料のダウンロードコンテンツが配信されたコトを書きました



それからは楽しんでゲームをプレイしています



では 何故ふたつ目が 『怒』 なのか?

ですが コレはダウンロードコンテンツの売り方に対して

久しぶりにゲーム会社に怒りを覚えました



そもそも ダウンロードコンテンツという商法は

未完成のゲームを購入させられ そのあとで開発した内容のモノを更にお金を取って売り込む商法

だと 私の中では思っています



どこのゲーム会社が始めて広まったのかはわかりませんが

新品で発売と同時にゲームを購入すると それだけでも¥5,000を超えるというのに

ダウンロードコンテンツには お得なシーズンパスがあるとは言え それでも¥3,000近くします



その他にもシーズンパスには含まれていないダウンロードコンテンツを購入していけば

¥10,000を軽く超える場合もあります



あくどいですよね・・・



何故こんなことを書いたかというと

現在 ゼノバース2のダウンロードコンテンツを購入すると

ゲーム内で使用することのできるメダルが数百枚も簡単に手に入るからです



ゲームをプレイしていて簡単にメダルを貯めることができるのであれば

こんなことは書きません



ゲーム内では貯めるのに非常に苦労するからこそ書いているのです



それも 期間限定で 今購入した方のみが対象となり

すでに購入してしまっている私のような者には一枚もメダルは与えられません



公式ホームページには

本キャンペーンにて お買い求め頂いたお客様のみ特典TPメダルが付与されます

ご了承ください

とありますが すでに購入してしまっている私からすると

了承も何もあったものか!!

と怒りが収まりません



こういった売り方をするのであれば

すでに購入してしまっている方々に対しても

メダルを与えることこそが平等ではないでしょうか?



あまりにもヒドく腹が立ったので

ゼノバース2の公式ホームページから意見を出そうとしても

意見を出す場所すらないという状況



私だって あとからこういった特典が付くことを知っていれば

何も急いでダウンロードコンテンツを購入することはありませんでした



ドラゴンボールが好きだからこそ

早めにシーズンパスやその他のダウンロードコンテンツを購入したのに

このあまりにもヒドい売り方・・・



私からすると 詐欺に遭ってしまったように感じます



こういった売り方しかできなくて よくもぬけぬけと

引き続き 「ドラゴンボール ゼノバース2」 をよろしくお願い致します

と言えたものです



このゲーム会社



以前に何度もネット上のコメントで批判されているのを見たことがあったのですが

そのときは批判されている理由がわかりませんでした



今になって考えると

今回のようにあくどい商法をしているのが原因なのかなと思いました



この問題



皆さんは どのように思いますか?



nice!(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ゲーム

年をとると味覚が変わる [ブログ]

昨日の記事での問題は

ゲーム会社に意見をしようにも意見を出すことすらできないので

コツコツとメダルを貯めていくことにしました



怒りを溜め込んでいても 自分への精神的ダメージに変わっていくだけなので・・・



攻略サイトさんにメダルの取得方法が書かれているのかはわかりませんが

ゲームを進めていく中で困った際には 見てみようと思います



今後 もし 『ドラゴンボール ゼノバース3』 が発売されるとしたら

懲りずにまた購入してしまうことでしょう



そのくらいドラゴンボールが本当に好きですから



ただ ゲーム会社にお金を入れるというよりは

『鳥山明さんにお金を支払っている』 と思うことにします

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<追記です>

記事の投稿前に追記というのはオカシイですが

この記事自体は今日のお昼に書いていたモノなので

記事の内容はすべて今日のことになります



今朝に投稿した記事内で ここ何日かは朝に投稿していると書いたものの

記事を書き直すのがめんどうだったので

記事の投稿前に書いたこの部分だけを追記とします





ゼノバース2に関しては有料のダウンロードコンテンツの配信がすべて終わっていますし

ゲーム自体もストーリーには名シーンがないと思うこともありますが

心から楽しいと思える作品ですし

ゲーム会社には今でも問題があると思っていますが

ゲームそのものには何の落ち度もないので

今回のことは忘れて 今はただただゲームを楽しもうと思っています



本当にゼノバースシリーズはプレイしていて楽しいですからね

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<年をとると味覚が変わる>

さて この記事を読まれている方も

一度はタイトルに書いたような言葉を聞いたことがあるのではないかと思います



よく聞く内容としては

「若い頃は肉が中心だったけど 魚を食べるようになった」

でしょうか



昨日 雨が降らずに曇り空だったので

2ヶ月ぶりに石川県に水を汲みに行ってきました



石川県に向かう際に

コンビニ店さんにてミルクティーを購入しました



実は私はずっと ミルクティーを含め 紅茶が飲めませんでした



紅茶の独特の味が苦手だったのです



しかし いつ頃から飲めるようになったのかは覚えていませんが

今ではスッカリ 出かける際に紅茶をよく飲んでいます



『年をとると味覚が変わる』 とはよく言ったものですね



皆さんも 以前は苦手だったものが今は好きなものに変わった経験はありますか?





最後に 余談ですが

私は真水がまったく飲めないので

ごはんを食べる際はいつも麦茶などのお茶を飲んでいます



これは昔から味のしない真水が苦手だったのですが

真水のほうは未だに飲むことができません



なので お薬を処方されて

『水 またはお湯で飲んでください』

と書かれてあっても いつもお茶で飲んでいます



お薬の効き目がそのときどきでまちまちなのは

お茶の成分の中にお薬の効果を弱めてしまうものが入っているのかな?

と 移動している車内で考えてしまいました



nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ニンテンドー3DSの 「ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX」 + 追記 [ゲーム関係]

今年に入ってから長い間記事の更新ができなかったのですが

その間にいろいろなゲームをプレイしていました



『いろいろなゲーム』 については記事にしたいなと思っているので

記事にした際は読んでいただけると嬉しいです



そのいろいろなゲームをプレイしていく中で

偶然購入してプレイステーション Vitaでプレイしていた

とあるゲーム会社さんのゲームがとてもおもしろく 見事にハマりました



プレイステーション Vitaでプレイしていた

そのゲーム会社さんの他の作品を調べてみたところ

運が良かったのかはわかりませんが

調べてみたときから一週間ほどすると プレイステーション4にて新作が出ると知り興味があったので

GEOさんのスマホのアプリから 限定版を予約しました



購入した限定版のゲームについては

ネット上では良い意見や批判する意見があるようなのですが

私としては他のゲームではあまりないのではないかと思うゲームシステムがおもしろくて

好きなキャラクターもでき こちらもハマりました



それから ハマったゲームのことをネットで検索して調べてみると

もともとはニンテンドー3DSで そのゲームが発売されていたことを知りました



理由はわかりませんが

ニンテンドー3DSで最初に発売されていたシリーズが

その後にプレイステーション Vitaやプレイステーション4での販売に変わってしまったようでした



プレイステーションシリーズのほうがグラフィックが良かったからなのでしょうか???



その最初に発売されたニンテンドー3DSのゲームに興味が出てきたのですが

任天堂さんのゲームは私の中ではスーパーファミコンで時間が止まっているので

ニンテンドー3DSでネットで検索してみると 3DSでもいろいろな種類があるようで



未だにわからない部分があるものの

とりあえず2017年3月の終わりくらいに調べた時点で発売されている商品としては

『ニンテンドー3DS』 『ニンテンドー3DS LL』

『NEW ニンテンドー3DS』 『NEW ニンテンドー3DS LL』

の4種類があるよう



知らない方からすると

「なんのこっちゃ???」

ですよね・・・



通常のニンテンドー3DSとNEWが付いたニンテンドー3DSの違いや

そのあとに付くLLという意味もよくわからなかったので

ウィキペディアさんにて調べてみるとNEWと付く商品は

その名の通りニンテンドー3DSに機能を付け足したような感じ (だったと思います) で新たに発売され

LLというのは 画面のサイズが大きなモノを指しているようです



よくわからないながらも

「とりあえず NEW ニンテンドー3DS LLを購入すれば間違いないのかな?」

と思い GEOさんにて購入しました



私の悪い癖で すでに記事が長くなってしまっていますが

NEW ニンテンドー3DS LLを購入する際に

肝心のソフトを見てみると先ほど書いたハマったゲームの3DS版がありました



それだけを購入するのは寂しい気持ちがあったので いくつかゲームを購入しようと見ていたとき

¥1,000未満のゲームのコーナにて 『妖怪ウォッチ』 の第1作目と

『妖怪ウォッチ 2』 の元祖と本家と真打の3つがあり

妖怪ウォッチはアニメでしか見たことがなかったので

モノは試しにと手に取りました



それから その他のゲームを見ていると

『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション2』 というゲームを発見



ゲームセンターで見たことがあり

カードを使ってプレイすることは知っていたのですが

それだけしか知識がなかったので こちらも購入してみました



いずれのゲームももちろん初めてプレイしたのですが

購入したときは まだ3DSという意味がわかっていませんでした



家へと帰ってきて 早速ゲームを起動させてみると

ゲームに奥行きがあり キャラクターが奥行きのある中で立体的に立っているように見えたので

この技術には驚かされました



3Dのメガネなどをかけなくても

3DSでは立体的に見せることが可能なんですね



ただ 3DSでもVitaでハマって購入に至ったゲームや妖怪ウォッチは3D表現ができていますが

アルティメットミッション 2は3DSのソフトでも3D表現はありませんでした



当初のお目当てはVitaでハマったゲームだったのですが

妖怪ウォッチやアルティメットミッション 2がなかなかおもしろくて

気が付けば妖怪ウォッチやアルティメットミッション 2ばかりプレイしていました



そして これまた運が良かったのかはわかりませんが

アルティメットミッション 2をプレイしていくと

4月の終わりに最新作であるアルティメットミッションXが発売されるということで

アルティメットミッション 2がおもしろかったため

GEOさんにて予約購入をしました



昨年の11月にゼノバース2が発売された際に

前作でもこんなに滑らかに動いたっけ???

というような内容を書いたことがあった気がしますが

アルティメットミッション 2からアルティメットミッションXにプレイを移行した際にも

同じように滑らかに動くグラフィックに感動しました



アルティメットミッションXは

ゲームセンターでのゲームをニンテンドー3DSに持ってきたということがあり

3,300枚以上ものカードデータが収録されているので

最近のドラゴンボールがよくわからい私は攻略本を購入しました



知らないキャラクターがかなり登場するので覚えるのに苦労をしています



携帯ゲーム機なのでグラフィックは当たり前ですがゼノバースシリーズには遠く及ばず

プレイステーション2並ではないかと思いますが

カードデータがものスゴい数収録されていて

その分 ゲームで登場するキャラクターがゼノバースシリーズの数倍がいることから

こちらはこちらで楽しいです



ゲームのシステムはカードゲームなので頭を使わなければいけないですし

相手に大ダメージを与えるためには画面に表示されるゲージをMAXに近いところで止めなければならず

ボタンを押すタイミングが難しいので

最近の子どもはこんなに難しいゲームで遊んでいるのかと驚かされます



まだニンテンドー3DSを購入してから時間があまり経っていないため

プレイステーションシリーズではプレイステーションストアさんを指すような

ダウンロードでの販売やダウンロードコンテンツなどがサッパリわからないのですが

アルティメットミッションXの公式ホームページを見る限りでは

追加アップデートは無料のようです



今月の15日に配信されるアップデートでは

超サイヤ人ブルーのベジットが登場するようで

無料でここまでできるとはスゴいと思います



販売元は ゼノバースシリーズと同じゲーム会社みたいなんですけどね・・・



ゼノバースシリーズとアルティメットミッションXのこの待遇の差はなんなのでしょうね・・・



アルティメットミッションXではゲームを購入した方々が自分で好きなミッションを作ることができ

それを披露して他のプレイヤーの方々に遊んでもらうことによって

いいね!を付けてもらうというような遊び方ができるので

ゲームをクリアしたあとでも 自分のベストチーム5人でずっと遊ぶことができるのも良いです



私は2章が終わったくらいで止まっているので

ミッションを作ったり 他の方のミッションで遊ぶことがまだできませんが

Vジャンプを購入すれば遊べるミッションがあるので

ここ3ヶ月ほどは約20年ぶりにVジャンプを購入しています



好きなキャラクターのみで組ませたチームや

自分が強いと思うキャラクターのみで組ませたチームに

キャラクターを強化するアクセサリーを好きに装備させることができるので

各々で使うキャラクターでの5人チームは違いがあるとは思います



ちなみに 私のチームは

『私が作ったアバター (女性サイヤ人のエリートタイプ)』 『アボ』 『カド』 『合体アカ』 『その他の誰か』

です



いまいち 『アボ』 『カド』 『合体アカ』 というキャラクターのことをわかっていないのですが

この3人と自作のキャラクターの必殺技 (自作のキャラクターは現在 『元気玉』 を使用) が強力なので

Vジャンプを購入して遊ぶことのできるミッションやゲーム内で相手が強くても

普通にプレイしていれば1ラウンドで 長引いても3ラウンド以内で相手を倒せます



『その他の誰か』 というのは

そのときにレベルを上げているキャラクターを入れているので

特に決まっていません



ニンテンドー3DSを持っている方で カードゲームのシステムが好きな方や興味のある方は

プレイしてみるのも良いのではないでしょうか?





最後に 昨日の夜に投稿した記事内にて書きましたが もう一度書きます



ゲームそのものはおもしろいですからね

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<追記です>

自覚はしているのですが 最近 追記が多くなっていますね



今はドラゴンボール超が放送されているので

ドラゴンボールは子どもたちにも人気があるとは思いますが

昔から大好きだった方々



私のようにいい年を越したオジサンが

子どもたちに混じってゲームセンターでゲームをするのには抵抗があるので

アルティメットミッションXは好きなときにお金をかけずに好きなだけプレイでき

その点も良いと思います



ゲームセンター自体ほとんど行かないのですが・・・



ゲームセンターでは1回¥100でプレイでき 1枚必ずカードがもらえるようです



ただ ネットで読んだ情報では ゲームセンターでゲームをする際に

気をつけなければならないこともあるようです



それは ゲームセンターでゲームをしていると

「持っているカードを見せてください」

と言って子どもが近づいてくることがあり

何気なしにカードを見せると レアなカードを持っている場合

そのカードを抜き取って 持ち逃げしてしまう子どもがいるよう



そういった子どもたちを作らないためにも

ゲームセンターにある人気のあるゲームが家で遊べるのはいいんじゃないかと思います



一度ゲームを購入してしまえば それ以上のお金は払わなくても遊べますしね





そういえば アルティメットミッションXで気になった点が一点あります



このゲームにはゼノバースシリーズのキャラクター 『時の界王神さま』 が登場するので

ゼノバースの流れをくんでいるのかはわかりませんが

『孫悟空:ゼノ』 といったようにゼノが付くキャラクターがいます



個人的には 孫悟空:ゼノの衣装が気に入っているので

もしもゼノバースの流れをくんでいるのだとしたら

ゼノバース2でこの衣装があればなあと思っていました

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<追記2 『アルティメットミッションX』 のゲームの進め方>

今日はゲームをやる元気がなく

それでも暇を持て余しているのでアルティメットミッションXのゲームの進め方について

わかりづらいかもしれませんが書いてみます



最初はやり方がわからないかもしれませんが

ゲームをプレイしていきつつ覚えていけば そのうちに慣れてくると思います



バトル画面ではニンテンドー3DSの上の画面にバトルを行うキャラクターが表示され

下の画面にはキャラクターのカードが出てくるので

出ているカードををタッチペンで動かすことで ゲームが進んでいきます



下の画面は下記の図のようになっています

アルティメットミッションX 説明画像.jpg


相手とのバトルが始まるとまず最初に上記の図の 『アタックエリア 後列』 に

キャラクターのカードが置いてある状態で表示されます



コレを動かしていくわけですが 相手に大ダメージを与えるためには

キャラクター同士の連携効果や必殺技を撃つ必要があります



必殺技を撃つためには 『ヒーローエナジー』 というものが必要で

戦闘力が2,000アップするごとに1つずつ増えていき 最大で10までためられます



なので 戦闘力が10,000の場合はヒーローエナジーが5つになります



攻撃の順番は戦闘力が大きい方が先攻となるので

先手必勝をするためには こちらの戦闘力を上げる必要があります



ここで上記の画像に戻りますが

赤い色で表されている前列の部分にカードを持っていくと

カードのキャラクターの気力を3つ消費する代わりに 戦闘力が3,000アップします



中列では気力を2つ消費する代わりに 戦闘力が2,000アップ



後列では気力を1つ消費する代わりに 戦闘力が1,000アップ



サポートエリアでは戦闘力が上がらない代わりに気力を回復することができ

サポートエリアにカードが置いてあるキャラクターは攻撃に加われない代わりに

相手から攻撃を受けることがありません



このゲームではタイプが固定されているキャラクターが数名いるものの

主に3つのタイプのカードを自分で選ぶことによって 戦略が変わってきます



タイプは 『ヒーロータイプ』 『エリートタイプ』 『バーサーカータイプ』 の3つです



『ヒーロータイプ』 はどちらかといえば万能型で 気力ダメージに対して強く

『エリートタイプ』 は気弾攻撃に優れていて 相手を気絶させやすく

『バーサーカータイプ』 は打撃攻撃で相手にダメージを与えやすいものの 気絶しやすい

という特徴があります



気力ダメージは 攻撃を受けるキャラクターの気力が少ない場合に

気弾攻撃や連携アタックや必殺技を当てることによって気絶してしまうので

こちら側の気力に注意していなければなりません



これは相手側も同じなのですが

中には気力の一番低いキャラクターを狙ってくる敵もいるので注意が必要となります



基本的には同じタイプのカードをそろえることで連携効果が出て

同じタイプのキャラクター同士のみで一気に攻撃することができます



このゲームで最も重要になってくるのがチャージインパクトと呼ばれるモノで

3DSの上の画面に表示される左右に動くゲージを

できるだけMAX (一番右側) でタイミングよくボタンを押すことによって

大ダメージを与えられるのかどうかが変わります



これは敵側も同じですが

強敵になるとチャージインパクトが限りなくMAXに近い状態を連発してくるので

できる限りMAXでタイミングよくボタンを押すように慣れる必要があります



攻撃する場合にチャージインパクトで相手よりも上回ると必殺技を撃つことができ

相手よりも下回ったときは普通の攻撃になり

相手がガードするため与えるダメージも少なくなってしまいます



防御の際も同じです



あとは 相手が先攻でこちら側が気絶してしまうと防御ができなくなり大ダメージを受けますが

こちら側が先攻で相手を気絶させると 防御なしの大ダメージを与えられます



その他にはカードごとにアビリティがあったり

必殺技ごとに必要なヒーローエナジーが違うなどがあるのですが

これは実際にプレイしてみたほうがわかりやすいと思います





この記事の上のほうで私のチームメンバーを書きましたが

私が使っているアクセサリーと私がやっているこのゲームの進め方を書くので

ヘタクソな私では参考にならないかもしれませんが

もしよければ読んでみてください



まずはアクセサリーから



私が作ったアバターキャラクターは

パラメータに 『リスクだらけのパワー強化UR』

アビリティに 『剥き出しの闘争本能』

とくしゅは超サイヤ人の妨げになるので装備していません



アボには

パラメータに 『リスクだらけのパワー強化SR+』

アビリティに 『地獄の強敵』

とくしゅに 『気力回復ユニット サブ 1』



カドには

パラメータに 『リスクだらけのパワー強化SR+』

アビリティに 『地獄の強敵』

とくしゅに 『気力回復ユニット サブ 2』



合体アカには

パラメータに 『リスクだらけのパワー強化SR+』

アビリティに 『異次元からの使者』

とくしゅに 『天界の魔術師R』



その他の誰かのキャラクターには

パラメータに 『リスクだらけのパワー強化UR』

アビリティに 『Vアビリティ』

とくしゅに 『気力回復ユニット リーダー』

としています



とくしゅの 『気力回復ユニット』 は3人に装備させることで

2ラウンド目以降の開始時に使用すれば全員の気力が50%回復させることができます



『気力超回復ユニット』 という

全員の気力を100%回復させることができるアクセサリーも持っているのですが

発動条件がわからないので使っていません



パラメータの 『リスクだらけのパワー強化』 は装備することでHPやガードが下がってしまうものの

パワーが驚くほどに上がるため全員に装備



アビリティの 『剥き出しの闘争本能』 は1ラウンド目しか効果はないものの

装備しているキャラクターのパワーとガードと戦闘力が1.5倍になります



『地獄の強敵』 は永続でパワーと戦闘力がともに+1,000アップし

同じアビリティを持っている仲間が多ければ多いほど効果がアップするので 2人に装備



『異次元からの使者』 は戦闘力が相手よりも上回っていれば

毎回 そのラウンドの敵チーム全員のガードを1にするので装備



『Vアビリティ』 は装備しているキャラクターの戦闘力が永続で+1,000になるため装備



最後に合体アカのとくしゅの 『天界の魔術師R』 は

チーム内に自分で作ったキャラクターがいると2ラウンド目以降に

グレイビーというキャラクターか

プティンというキャラクターのどちらかを時空転送 (召喚のような感じ) し

必殺技で大ダメージを与えた上

時空転送したのがグレイビーというキャラクターなら超強力な気力ダメージを与え

プティンというキャラクターなら敵のヒーローエナジーを5つ減らすことができるので装備しています



私の場合は短期決戦重視なのでアビリティは以上のような感じです



ちなみに 自分で作ったキャラクターを 『エリートタイプ』 にしている理由はチャンとあって

『エリートタイプ』 は他のタイプと違い

最初から持っている気力が高いので戦闘力とヒーローエナジーが稼ぎやすく

同じエリートタイプのカードを入れている場合

連携攻撃をする際にチャージインパクトでMAXピッタリに止めることができれば

連携攻撃に参加したキャラクターの人数マイナス1分の気力を回復できるためです



つまり 3人でチャージインパクトMAXで連携できた場合は

2ゲージ分の気力を回復させられるので

サポートエリアを使わないでいられるためです



ゲームをプレイしたことのない方からすると

「わけわからん」

と思われると思いますが 慣れるとおもしろいです





だいぶん記事が長くなってしまいましたが

最後に私のバトルのやり方を書きます



1ラウンド目

『その他の誰か』 はできればエリートタイプのカードを選択し

自分で作ったキャラクターとその他の誰かのキャラクターと

エリートタイプのアボとヒーロータイプのカドは

画像のオレンジの部分へ移動



合体アカはバーサーカータイプなので気力が1ゲージ分しかないため画像の黄色い部分から動かさず



装備しているアビリティを含め

1ラウンド目にはこれだけで戦闘力が14,500にいくので

まず相手側に先攻を取られることがありません



そして 戦闘力が14,000あるため ヒーローエナジーが7つになり

7つまでのヒーローエナジーを必要とする必殺技

(私の作ったキャラクターの場合は 『元気玉』) が撃てるようになります



その他の誰かをヒーローエナジーが7つ以下の必殺技のカードを選択していれば

この時点で全員が必殺技を発動できる条件を満たします



あとは注意するのはチャージインパクトのみ

※ 例えここでミスがあっても 装備しているアビリティがあるので2ラウンド目につなげられます





2ラウンド目

もしも 1ラウンド目で相手を倒しきれなかった場合は

ここで 『気力回復ユニット』 を発動させ 全員の気力を50%回復させます



大抵の敵の場合は2ラウンド目で仕留められるので

ここでは恐れずに全員持っている気力分の色のところ (オレンジの部分) へとカードを移動させます



先ほどたまったヒーローエナジーに加えて更にヒーローエナジーが増えるので

この時点で10個たまります



2ラウンド目を開始させると時空転送が発動します



グレイビーというキャラクターかプティンというキャラクターかどちらかが出てくるのですが

グレイビー → プティン → グレイビー → プティン

というように戦闘で時空転送をするたび 交互に現れるようなので

どちらが現れるのかは把握できます



これは特にどちらが現れても構わないので

ここで相手にダメージを与える存在とだけ考えています



時空転送が終われば私の作ったキャラクターが女性サイヤ人で

現在は神龍に頼んで超サイヤ人に変身できるので変身します



必死にタッチペンをこすっても意味がないようなので 適当にこすります



ここで大成功が出ればラッキーです



あとは1ラウンド目と同じでチャージインパクトに気をつけるだけ





大概はこれで終わるのですが

3ラウンド目に移行すると少し厳しいです



もしも 3ラウンド目にいってしまったのであれば

あとはサポートエリアを活用しつつの攻撃になってしまいますが

2ラウンド目までにはほぼ勝負がついているので 私はこのようなやり方でプレイしています





とても長くなってしまいましたが 以上です





最後に 余談です



ニンテンドー3DSですが

最近は私はプレイステーション4のゲームをプレイしているので

アルティメットミッションXはVジャンプに付いてくる

『ビクトリー・ウチダさん』 という方が作ったミッションに挑戦するだけになっています



いずれはまたスタートしようとは思っていますが

現在 母のほうが 『ポチと!ヨッシー ウールワールド』 というゲームにハマっているため

母に貸しっぱなし状態です



母曰く

「ちょうどよい難易度」

らしく 楽しんでプレイしているようです



以上 余談でした



nice!(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

・・・ [精神的なコトなど]

先ほど 午後5時過ぎあたりまでは特になんともなかったのですが

何があったわけでもないのに 気分が一気に落ちてしまいました



ほんの2時間ほどでの変わりように 自分でもどうすれば良いのかわからず・・・





・・・ダメですね・・・



nice!(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康