So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年が始まりました!! [ブログ]

皆さん

明けましておめでとうございます!!



そして

おはようございます



今年もヨロシクお願いいたします



「VR (ヴァーチャル リアリティー) 体験」 について [ゲーム関係]

少し時間は経ってしまいましたが

実は先日

プレイステーションVRを本当に運良く購入することができました



プレイステーションVRが発売される直前なので

2016年の10月の上旬頃だったと思いますが

いろいろな情報番組で出演されている方々が

ヴァーチャル リアリティー体験をしているのを何度も見ていました



そのときはくだらないモノを見るような感じで見ていたのですが

実際にプレイステーションVRを手に入れて

自分自身が体験してみると

そのスゴさが想像以上だったのだと痛感しました



正直言ってナメすぎていました



画質はPS4をモニターに映したよりもお世辞にも良いとはいえないのですが

自分だけの閉鎖空間でゲームの中に入り込んで動き回ったり

レース体験をしたり

360度見渡す心癒される映像の中に実際に身を置いているような錯覚に陥っていると

時間が経つのも忘れて没頭してしまっていました



それからはプレイステーションストアで

VR専用のソフトをいくつもダウンロードし

さらにヴァーチャル リアリティーの世界へ入っていきました



私の個人的な感想ですが

PS4をモニターでキレイに映っているゲームをプレイしているよりも

まだプレイ時間が短く画質もあまり良くなくても

プレイステーションVRでゲームをプレイしている方が断然おもしろいです



VR専用のおもしろいソフトが充実するのを心待ちにしています





それから時が経ち

スマホでもVRができることを知りました



そこでAmazonさんにてVR専用のゴーグルを検索してみると

¥2,000くらいであるのですね



すっかりヴァーチャル リアリティーにハマってしまっているので

私の持っているスマホが対応していた下記の商品を注文し

今日の午前中に商品が届きました



しかし

VR専用のアプリをいろいろとダウンロードして使ってみたものの

何故かYoutubeさんの動画がうまく見えなかったので

「この買物は失敗やったかな・・・」

と諦めかけていたのですが

スマホのVR用のゲームアプリはキレイにプレイできることがわかり

ネットで検索して人気があって私好みのアプリをいくつかダウンロードしました



まだ全部のアプリは遊べていないのですが

コントローラーが必要なアプリもダウンロードしてしまったかもしれません



コントローラーが必要なアプリがあったとしても

その点はPS4のコントローラーを数年前に購入していたスマホ用のUSBハブに接続することで

私のスマホでも無事にPS4のコントローラーが接続しただけで使えるようになりました



これまではスマホといえば

電話 メール LINE ネット検索

くらいしかしてこなかったのですが

もしかすると今更ながらスマホゲームに夢中になるかもしれません





あとはプレイステーションVRで使用ができる

PlayStation Move モーションコントローラー (PS Move) があれば

より一層VRにハマりそうな感じがするのですが

こちらはまだ購入できておりません



できれば早いうちにPS Moveが販売再開されれば嬉しいのですが

プレイステーションVRも入手困難なのでしばらくは難しそうですね



只今 「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」 をプレイ中です [ゲーム関係]

およそ2週間ぶりに書く記事ですが

何だか書く前から長くなりそうな予感がしているので

つまらないやくだらないと思った方は

すみやかに読むのをやめてください





「ブログの記事として書いったっけかなー???」

と思い過去記事のタイトルのみをさかのぼって見てみましたが

当時プレイしていたゲームのタイトルが見当たらなかったので

昨年の4月から順を追って書いてみようと思います



昨年 (2016年) の4月に

プレイステーション4 (PS4) 版のファイナルファンタジー10・10-2リマスターを中古で購入し

PS2以来何年かぶりにプレイをし始めました



しかし リマスターとはいえ

私にはわざわざPS4でプレイするほどの画質には思えなかったので

スグにGEOさんにて売ってしまい

PS Vita版を買い直ししてクロスセーブを利用して

PS4でプレイしていた続きをVitaのほうでプレイし始めました



それから5月か6月の上旬頃



携帯用のPS VitaのほかにPS Vita TVという商品があることを知りました



Vita TVとは一部のゲームソフトを除いて

Vitaのゲームをテレビやモニターに映して大画面でゲームがプレイできるハードウェアのことです



初めは下記の日本で生産販売された商品を見ていたのですが



ご覧のとおり価格が異常に高いので却下し

調べてみたところ海外輸入版でも普通に日本のVitaソフトがプレイできることがわかったので

下記の海外版のVita TVを購入しました



しかし海外版では注意点がひとつだけあります



日本版では◯ボタンが決定✕ボタンがキャンセルなのですが

海外版ではその2つのボタンが逆になっているんです



購入する前から調べていたので知ってはいるつもりでした・・・が

Vita TVでファイナルファンタジー10をプレイしていて

全キャラクターのステータスをMAXまで上げて

全エリアの敵を10体ずつすべて捕獲し

あとは最強の武器と防具を自作してダーク召喚獣を倒して

最後のボスを倒せばハッピーエンド・・・というところで

Vita TVのゲームアプリのアイコンの位置を変えようとイジっていたところ

先程書いた決定ボタンとキャンセルボタンを間違えて

ファイナルファンタジー10のセーブデータをアプリごと消去してしまいました・・・・・・



そのときの悔しさと悲しさは忘れもしません



その後 何とか復旧させる方法はないものかとネットで検索をしまくるも

消えたデータが戻ることはなく

何百時間もかけてプレイしていたゲームができなくなってしまいました



それからなのですが

ファイナルファンタジー10を再度同じだけの時間をかけてプレイする気にはなれず

せっかくVita TVを購入したので

PS Vitaで人気があっておもしろいソフトは何か?・・・と

いろいろなサイトを巡って調べていました



いろいろなサイトを巡ってみると

ほぼ必ずと言っていいほど紹介されていたのが

下記の 『ダンガンロンパ1・2 Reload』 でした



どのようなゲームなのかを知らない方に簡単に説明すると

超高校級の◯◯ (◯の中はそれぞれのキャラクターごとに違う才能が入る) という才能を持った16人が

『希望ヶ峰学園』 と呼ばれる学園で

黒幕が操る 『モノクマ』 というぬいぐるみのキャラクターから様々な動機を与えられ

コロシアイをしていく


殺人事件が起こると 『学級裁判』 が開かれ

『学級裁判』 で誰が犯人 (クロ) か?を指摘しなければならないので

キャラクターの証言を聞いたり

事件に関係のある証拠を集めたりする 『捜査』 が始まる


集めなければならない証言や証拠をすべて手に入れると時間切れとなり

『学級裁判』 が開廷される



もしも 『学級裁判』 でクロを指摘するのに失敗すると

クロだけが学園から出てもいいことになり

クロ以外のメンバー全員がおしおき (処刑) される


うまくクロを指摘できた場合はクロだけがおしおきされ

残ったメンバーでコロシアイ生活を続けていく

というモノです



もともとはPSPで発売されていた1作目と2作目をひとつのソフトとしてまとめたのが

上記の 『ダンガンロンパ1・2 Reload』 らしいです



このゲームをプレイしていてハマりました



今だから言えるのですが

2016年にプレイしたゲームの中でダントツにハマったゲームです!!



『ダンガンロンパ1・2 Reload』 を購入したタイミングが良かったのか

ちょうど昨年の7月~9月までダンガンロンパのアニメが放送されました



録画したもののまだ1話も見れてはいないのですが・・・



ゲームなので仕方がない部分なのかもしれませんが

疑問に思ったことが解決されないままストーリーが進んでいくということがあるものの

『学級裁判』 で証言や証拠を弾丸として

相手の言葉を論破していくシステムがとてもおもしろかったです



私は上記の 『ダンガンロンパ1・2 Reload』 をトロフィーが100%になるまでやり込んだあとで

ダンガンロンパの外伝的な

下記の 『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』 を購入し

こちらもハマってしまいトロフィーを100%までやり込みました



絶対絶望少女のほうは主人公がダブルヒロインとなっていて

一人はダンガンロンパの第1作目の生き残り



もう一人はダンガンロンパの第1作目の主人公の妹の苗木こまるというキャラクターです



絶対絶望少女のほうはゲームシステムが

『ダンガンロンパ1・2 Reload』 とは全然違うものになっていて

ものスゴく簡単に言ってしまえば

まったく怖くないバイオハザード

といった感じになると思います



時間の流れで上記の3つのゲームを並べてみると

ダンガンロンパ 1

絶対絶望少女

ダンガンロンパ 2

となります



私は

ダンガンロンパ 1

ダンガンロンパ 2

絶対絶望少女

という順番にプレイしたので

絶対絶望少女の最後に出てくるキャラクターや謎がわかる状態でした



その後 推理モノのドラマが好きな母にも勧めてプレイさせてみたのですが

母には

ダンガンロンパ 1

絶対絶望少女

ダンガンロンパ 2

の順番でプレイさせました (母がクリアできないところは私がプレイしました)





そして私がゲームをクリアしておよそ半年経った今月の12日



待ちに待った 『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』 が発売されました

 

上記が左からPS4版の限定BOXで右が通常版

 

上記が左からVita版の限定BOXで右が通常版です



私はどうしてもVita版の限定BOXが欲しかったのですが

何故かAmazonさんでは発売日の2ヶ月以上前からすでに予約ができない状態になっていて

しかも出品者の方からの購入金額は¥18,000以上になっていたので

スマホのGEOさんのアプリからいつも行きつけのGEOさんのお店で定価で予約をして購入しました



今Amazonさんの価格を見てみても定価以上になっているんですね



GEOさんのアプリから予約購入すると

定価よりも7%オフで購入ができ

しかもGEOさん限定の特典が付いてきたので

これからAmazonさんで発売日になっていないにも関わらず

予約ができない状況で定価以上となった場合は

GEOさんを利用させていただこうと思いました



さて やはり記事が長くなってしまいましたが

ここから少しだけ 『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』 のことを書いてみます



私は現在チャプター2でモノクマから新たな動機を与えられたところまで進めました



進み具合が遅いのは寄り道をしまくってレベルを上げているのと

ゲーム内のカジノのスロットでコインを60,000枚以上貯めていたためと

ゲーム開始前に一切の情報を入れなかった私が悪いのですが

『ニューダンガンロンパV3』 の無料体験版をクリアしたセーブデータで開始すると

製品版で特典がもらえるということを知らなかったので

購入初日に体験版から始めるハメになってしまったからです



チャプター1からまさかのゲームオーバーになってしまうとは思っても見ませんでしたが

現在は楽しくプレイしているところです



しかし チャプター1からまさかの展開が待ち受けていたので

チャプター1が終わってから

今でもショッキングな放心状態が続いています



これから先はどうなっていくのかはわかりませんが

私の勝手な予想としては

『ダンガンロンパ 2』 のようなストーリーになっていきそうな感じがしています





最後にこの 『ダンガンロンパ』 シリーズですが

声優さんがものスゴく豪華です



ものスゴく豪華なので棒読みのキャラクターがいなくて安心してプレイできるのが嬉しいのですが

仕方がないとは言え

やはりモノクマの声優さんは大山のぶ代さんが良かった・・・



『ニューダンガンロンパV3』 ではちびまる子ちゃんのまる子役のTARAKOさんにバトンタッチされたのですが

違和感がありまくりです・・・ (慣れでしょうけど・・・)





そういえばPS VRでダンガンロンパの短いVR体験をしましたが

ゲーム画面を通して見ていたキャラクターたちが目の前や斜め横にいる感覚



大山のぶ代さんが声優をされているモノクマが目の前で動いているのを体験して

ものスゴく興奮してしまいました



ダンガンロンパがVRに対応してくれれば嬉しいんですけどね





それでは記事を書くのに時間がかかりすぎてしまったので

これからゆっくりグッスリと眠りにつこうと思います



長文失礼いたしました