So-net無料ブログ作成

「あたし、おかあさんだから」 という曲の歌詞で起こっている騒動について [時事ネタ]

世の中にはクレーマーというモノがいるもので

今回標的にされたのはNHKさんの 『おかあさんといっしょ』 に出演されていた歌のお兄さん

ではなく そのお兄さんの歌の歌詞を手掛けられた方です



今回の騒動の内容を簡単に書くと

自分はお母さんだからと 子供を優先させた生活を送っている歌詞にイチャモンがつき

『母親の自己犠牲を美化している』 や 『子供が聞いたら 母親に気を使ってしまうのでは』 との声が上がっている

のだそう



ハッキリと言わせてもらえれば

この世には万人受けするような歌詞は存在しない

ということを理解していない人たちのわがままであり 勝手な意見が批判意見として集まっていると思います



誰だってそうだと思いますが

音楽であれ テレビ番組であれ

ミュージシャンやテレビタレントさんの全員を好きな方はいないでしょう



音楽で言えば ミュージシャンは抜きにしても 好きではない曲は 誰でも何度かは

「あー この曲の歌詞は好きではないな」

と思ったことがあるでしょう



今回の曲は 普通のミュージシャンや歌手の方が歌っていたのなら

ここまで大きな騒動にはならなかったと思います



今回の騒動を大きくしてしまったのは

歌を歌うのが 『おかあさんといっしょ』 の歌のお兄さんだからだけという

何とも このお兄さんには 不運という一言では片づけられないモノを背負ってしまっていると

感じずにはいられません



『おかあさんといっしょ』 の歌のお兄さんが歌っているとなれば

それは 小さい子供がいるお母さんの耳に入りやすい状況となりうるでしょうから



何かにつけて 賛否両論が起こってしまうご時世ではありますが

批判意見を出している人たちに問いたい



あなた方は この曲の歌詞だけにしか 批判的な意見を持ったことがないのですか?

ということを



私にだって キライとまではいかなくても

好きではない歌手の方やミュージシャンの方は多くいます



私が好きではない歌手の方などの 好きではない理由を書くと

よくもまあ これだけの恋愛の歌詞が思い浮かぶものだ

と思ってしまうくらいに 恋愛の歌しか歌わない人が苦手です



今回の騒動の歌詞に関しては

作詞をされた方は 取材をしたうえで歌詞を作り上げた

と 騒動が起こった際の記事で読んだような気がします



受け取り方は人それぞれだとは思いますが

歌詞ひとつを書くにしても 気を配らなくちゃいけないとは



イヤな世の中だなぁ としか思えないです





あとひとつだけ書きたいことを書くと

何故 作詞をされた方だけではなくて 歌のお兄さんまでもが謝罪をしなければいけなかったのか?

ですね



nice!(7) 
共通テーマ:音楽

nice! 7