So-net無料ブログ作成

「ファンタスティカマニア 2018」 の富山大会を観戦してきました!! [プロレス]

毎年 1月の恒例となっている

新日本プロレスとCMLLというメキシコのプロレス団体の合同興行

『ファンタスティカマニア 2018』 の富山大会を先ほどまで観戦しに行ってきました



毎年 CS放送のサムライTVさんにて録画中継や生中継をしているのですが

観ているたびに 実際に生で観戦できたらな~と思ってきました



昨年の11月25日にDDTプロレスリングを観戦してきたことを記事にしたと思うのですが

その大会が終わって 帰ろうとしているときに 出口で何かのチラシを配っていました



そのチラシに書かれてあったのが 先ほどまで観ていた

『ファンタスティカマニア 2018』 の富山大会開催だったのです



申し訳ありませんが 通常の新日本プロレスの興行だったらスルーしていたと思います



しかし 憧れに憧れていた 『ファンタスティカマニア』 です



まさか 北陸に初上陸してくれるとは・・・



それも 私の住む富山県に・・・



試合は全試合言うまでもなく 最高の一言に尽き

メキシコの選手の方々の身体能力の高さを思う存分堪能できました





が やはり不満は出てくるものでして



昨年の4月に新日本プロレスを久しぶりに生で観戦してきたことを書いたと思います



そのときには ご丁寧に プロレスを観るための規則を

新日本プロレスが作った映像で見せられました



映像の内容を簡単に書くと 早い話が

① 自分の席で座って観戦すること


② 動画の撮影はNG

画像に限ってはOKなものの 自分の席に座った状態で撮影し 自分の顔よりも上に手を上げないこと

になります



例外は認めないとのことで

昨年の4月に観戦に行った際

他の方のジャマにならないようにするので 後ろで立って観ていても良いですか?

と聞いたところ ダメという答えが返ってきました



なので 今日はおとなしく自分の席で座って観ていたのですが・・・



前半戦に関して言えば まったく問題がなく観ることができたのに対し

後半戦のヒドイこと ヒドイこと・・・



まず 選手が入場してくるためのテーマ曲が流れてきた時点で

一斉に入場ゲートに人が集まりだし

その後ろの人たちも写真を撮影するために立ち上がるので

まったく入場シーンは見ることができないという異常事態



言い換えると

選手がリングサイドに来てから ようやく姿を捉えることができるということ

になります



プロレスを知らない方からすると そんなくだらないこと と言われそうですが

プロレスという格闘技は

選手が入場してきて 試合をして 試合後に選手が見えなくなるまでを

ファンはずっと見ていたいと思うものです



さらに付け加えると 試合後に退場するときも同じ状態になるので

結局 バカみたいに規則を守っている者としては 試合をしている選手しか見ることができません



それなのに 新日本プロレス側からは 何の注意もないというのが現状



同じような問題として 考えるのはおかしいとわかってはいますが

新日本プロレスには 規則を破っているのは誰ですか?

と伺いたいくらいです



本当に 最高の大会だっただけに この問題だけが残念でなりませんでした



バカみたいに規則を守っている者が楽しみを奪われるような事態になり

主催者側は それを見て見ぬふりをしているのであれば

一体 何のために制作された映像を 会場で流しているのでしょうか?



今後 改善を求めたいくらいの問題だと 私は思います



nice!(14) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 14