So-net無料ブログ作成
検索選択

「WWE 2K17」 で作成したエディットレスラーの紹介 3【動画あり】+ 追記 [ゲーム関係]

ここ数日 『ドラゴンボール ゼノバース2』 をプレイする元気がないので

『WWE 2K17』 を起動させ コンピューター同士の対戦をずっと眺めています



前回 「WWE 2K17」 で作成したエディットレスラーの紹介 2【画像 + 動画あり】の記事内にて

グレート・ムタのデビルと呼ばれるレスラーを作ってみたと紹介しました



このゲームではレスラーを作る際に

いろいろとあるパラメータを好きなように割り振りして

納得のいくレスラーを作ることができる仕組みになっています



前回のムタを作成したあとで

「もしも 全パラメータを最大に振ってみたら どのくらい強いレスラーができるのだろう???」

と考えてしまいました



そこで 実際に作ってみることに



実在しない 完全な私のオリジナルのレスラーなので

画像は用意していませんが

パラメータを最大に振ってみたレスラーを3人作ってみました



私はどちらかといえばヒール (悪役) のレスラーが好きなので

パラメータは3人ともすべてヒールになるように振りました



このゲームではOVERALLというモノがあり

おそらくはパラメータを振った時点での総合的な強さを数値で表したのだと思うのですが

私がこれまでに作成したレスラーのOVERALLを書くと

神谷えりなさんが85

坂井泉水さんが86

AZUKI七さんが86

グレート・ムタが94

となっています



で 新しく作ってみたオリジナルのレスラーは

3人とも105 になっています



まず初めに作ったのが白髪のペイントレスラー



画像を用意するのがめんどうだったので

3人ともゲーム内の素材のみで作成



名前を決めずに まずは見た目から作っていたのですが

白髪でペイントをした顔を見ていると 勝手なイメージになるものの

「山姥みたい・・・」

だと感じたので 名前はそのまま ローマ字で 『YAMANBA』 に決定



山姥がお化けになるのか

それとも 妖怪などになるのかはわかりませんが

次に作ってみたのは白と赤を多用した 『HANAKO SAN』



これは トイレの花子さんから取りました



花子さんは少女のイメージが強いので

少女のような髪型で 色は黒髪



同じくペイントをしたレスラーです



3人目は全身青を多用して作った 『YUKIONNA』



そのまま 雪女から取りました



3人目もペイントをしているので ペイントレスラー3人ができ上がったのですが

個性を出したいな という思いが出てきたので

それぞれの身長を変えてみました



まず 山姥は小柄なおばあさんのイメージを私は持っているので

一番小さな身長に



花子さんは先ほど書いたように少女のイメージがあるものの

山姥を小さくしたため 身長は中くらい



雪女はまったくイメージがわかなかったので

残っている一番大きな身長にしました





ここで余談ですが 雪女を大きな身長に設定した際

想像していたよりも大きなキャラクターになってしまったため

「これじゃあ 雪女じゃなくて 八尺様じゃん・・・」

と思い 一度 『HASSHAKU SAMA』 に名前を変えてみたのですが

その日の夜に悪夢を見てしまい

「これは 八尺様の呪いか???」

と思ったので また雪女に名前を戻しました



3人とも妖怪の類なのかはわかりませんが

チーム名は またしても安易に 『MONSTERS』 としています



作り終えたあとは コンピューター同士の対戦をずっと眺めていました



これまでは あまりノーマルルール以外での対戦をさせていなかったのですが

作り終えたあとで いろいろなルールに挑戦させてみると

おもしろい試合が繰り広げられるルールを発見しました



一応 今回は作ってみた3人の女性ヒールレスラーのトリオでのタッグで動画を作ってみました



対戦相手はランダムで適当に選ばれた3人で

ルールは 『イリミネーション 6人タッグマッチ』 です



イリミネーションというのは 通常のタッグマッチであれば

相手チームの誰かをフォール またはギブアップさせればそこで試合終了となるのですが

イリミネーションマッチでは 相手チーム全員を倒さなくてはいけない というルールのことをいいます



その他にもいろいろなルールの試合形式があるのですが

今回はトリオでのタッグということで このルールにしてみました



相手チーム全員を倒さなくてはいけないので その分試合時間も長くなりますが

見ていると なかなかおもしろいです



私の完全オリジナルのレスラーの上に 試合時間も長いので

興味のある方がおられましたら 暇つぶしにでも見てみてください





書き忘れるところでしたが 動画ではキャラクターの動きがゆっくりになるなどといった

いわゆる処理落ちと呼ばれる箇所がいくつかあります



これは プレイステーション4の仕様です



プレイステーション4には上位版である 『プレイステーション4 Pro』 というのがあり

こちらのほうが より高画質で高性能らしいので

もしかすると プレイステーション4 Proだったら処理落ちがしないのかもしれませんが

私は持っていないので これは仕方がありません





ちなみに ゲーム内には入場テーマ曲で気に入った曲がなかったので

私が好きなDRAGON GATEから 『MONSTERS』 テーマ曲は

現在 DRAGON GATEでの極悪ユニットである 『VERSERK』 の 『WOLFISH SOLDIER』 にしてみました



ヒールユニットらしい カッコいい曲だと思います



テーマ曲の音量は小さいと迫力にかけると思ったため 少し大きめに設定しました



ただ 見てくださる方がおられましたら 中には大きすぎると感じる方もおられるかもしれませんが

耳障りだと感じたら 飛ばしてください




本当に長い動画なので 興味のある方のみどうぞ



注意 音量を小さくしてご覧ください


最後に 先月に購入した製品が高画質でゲームを録画できるので

最近はゲームの録画にハマっています



録画をする際に 私のパソコンは低スペックなので

『単体録画モード』 で録画したほうが確実に高画質で録画できるため

このモードを使用しています



この商品



単体録画モードで録画すると USBを通してパソコンに動画をコピーや移動させなければならず

USBをパソコンに挿しておいたほうが抜き挿ししなくて楽なのですが

パソコンの電源が入っていないと使えないという欠点があります



プレイステーション4のUSBに挿しても使えるみたいなのですが

いちいち抜き挿しするのがめんどうなので 試したことがありません



日中は大抵の時間

パソコンを付けてニュースをチェックするなどして使っているので問題がないのですが

夜になると少しだけ不便に感じるときがあります

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<追記です>

投稿した直後での追記になってしまいますが

OVERALLという数値は多分 高いほうが強いと思います



ですが 高く設定されても 試合形式によっては低い選手に負けてしまう場合があるので

あまり関係がないのかもしれません



ただ 設定の仕方によっては

上記の動画のように自軍のコーナーに相手を振って戦い

チームワークを発揮して有利に試合を進めることができようです



ヒールユニットでは チームワークや仲間との連携のうまさが大切だと思うので

今回作ってみたレスラーでのユニットは よくできたほうではないかと思います





動画を見ていただければわかると思いますが

途中で誤爆をして仲間やレフェリーに攻撃をしてしまう場合があり

これが実際のプロレスでは

「あぁ~・・・」

と思ってしまうのですが ゲームで誤爆が起こると何故か笑ってしまいます




できれば 誤爆がいくつか出てしまうと

仲間同士でケンカを始めることが起これば より一層おもしろくなりそうな気がします



nice!(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 4

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました